1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-02-15 18:08:15

ポルシェ 空冷 最終型 993 ATF交換等

テーマ:ブログ

皆々様こんばんは!

今年の冬とてつもなく寒く感じており、やや体が弱り切っております(笑)

そしてブログを書こうと思っておりましたが、私が使用していたMacBookProの調子も悪く、延命処置を施した所、なんと復活、気分は上々でございます!!

そしてブログを、書いておりましたがいつの間にか内容が全部消え、まさかの最初からというパターンで心が折れそうです…

 

では今回は、ポルシェ空冷最終型の993になります。お客様からギアチェンジの際に、シフトショックが大とスライディングルーフポップアップの折れのご要望をお受け致しました。

 

まずはシフトのショックのレベルを確認、ギアを入れた際に3〜4秒程ロスが有り、ギアが入るといった症状でした。

まずは現状のATFの量を確認。

冷間時にメモリが三つあり、一番上にありました。メモリは一番下が30℃真ん中が50℃一番上が80℃になっております。

オイルパンの脱着と、フィルターの清掃はしたのですが、なんせATFの交換は初めてであり、まさに手探り状態でした。画像の右側から圧送していき、ATFの量を調整致しました。

やはり全部は分からず父に教えて頂きました。まだ力量不足でございます(笑)

そしてシフト全体に循環させ試運転及び動作確認しシフトはスムーズになり快適になりました。

原因はATFの量が少なかったのではないかと思われます…

 

もう一つはスライディングルーフポップアップはプラスチックの為、どうしても強度に欠ける所があり、交換して終わりました。

画像を見て分かる通り、プラスチックが欠けておりました。

 

ポルシェ993ATFのお困りの際はお気軽にご連絡して下さい。

 

そして現在はミニクーパーのR50のCVTのミッションを交換しているのですがそれがエンジンを下ろすまで何かと悪戦苦闘しております…

近々エンジンはおりる予定です。見事に画像撮り忘れです(笑)

 

なので近日中にまた報告致します。ではさようならー

 

2018-01-09 19:24:14

お久しぶりです

テーマ:ブログ

改めまして新年あけましておめでとうございます。

皆さま、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

私は新年早々に嫁の実家(宮崎県高千穂)に新年のご挨拶に出向いて参りました。

正月をのんびり過ごすのは数年振りの為、心身共にリラックス、リフレッシュ出来気分は良好です。

 

ここで皆様にご報告と紹介をしておきます。

今後ブログを投稿するのはJrの私、翔がやらさせていただきます!

父は入力に手間取る為断念しておりました。(現在もバリバリ現役でやっております‼︎)

 

そして私、翔の自己紹介をさせていただきます。

生まれはゆとり教育が採用された世代になり、今年30です。

高校時代は広島で過ごし楕円球と戯れておりました。

大学時代は九州の大分に出向き、かれこれ6年程おり、楕円球と留学とコーチと勉強色々と勉強させてもらいました。

本来は6年目に大学の監督から1年だけ面倒を見ると言われ、ラグビーを何処かでしたい気持ちがありましたが、何処も見つからなかったら諦めて広島に帰ろうと思っていた所、大学時代の友人からある企業にお誘いいただき、入社出来ました。

その企業は長嶋さんがCMをしている警備会社です。

がしかし、その企業はラグビーよりも仕事一番だった為、勤務時間も拘束されており、とてもキツかった思い出しか残ってません…24時間勤務して明けて夜にラグビーを一週間続けたらさすがに体が応えました。(今では良い思い出です)

この時は埼玉に住んでおり、人間が冷たかった印象しかなかったです、さすが関東(笑)

段々仕事に嫌気がさし、退職を決意し実家に帰って来ました。

 

去年の5月に帰ってきて、約7ヶ月経ちましたが覚えることが多すぎてすでにパンク状態です(笑)

 

今後は不定期になりますが、少しでも多く色んなことを投稿出来ればと考えております。

長々となりましたが、本年も何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

上は1964年(東京オリンピックyear)コルベットC2は最近まで修理にて入庫しており、最後の微調整は残っておりますが、海外からの部品待ちの為、昨日納車致しました。当初はキャブだけの交換だったのですが、叩けば埃が出てくる出てくる、結局あれもこれもとなり、エアコンコンプレッサーはガタついていたり、エアコンは効かないし、ベルトラインがずれてたり、マフラーは穴が空いてたり、タンクは穴が空いてたり、走れば近場しか乗れなく、止まったりと、何かと訳ありの車でしたが現在はエンジン良好音も静かになり、調子は最高です。

ただ一つ…4輪ともドラムブレーキなのが恐いです(笑)(画像はネットから引用)

 

下は1974年ジャガーE-TYPE シリーズ3のコンバーチブルになります。

この車はデフのオーバーホールから、ブレーキディスク、ブレーキパット交換(フロント、リア)、ブレーキフルード交換までは一旦完了しておりますが、車検等がまだ残っており只今模索しておりもう少し時間がかかりそうです。(画像はネットから引用)

 

 

 

 

 

2009-08-21 16:14:31

TVRのキャリパーブラケット製造工程

テーマ:整備日誌
前回から引き続き、キャリパーブラケットの製造工程です。
今回製作した大型ローターを装着するために製作したローターハブ・・・今度はそのローターサイズに合わせたキャリパーの位置調整です。当たり前ですが、キャリパー位置を適正にするため、ブラケットを設計します。

光造形で出来上がったキャリパーブラケットです。
ブレーキパッドの位置や形状も完璧ですね。

レーシングサービス整備日誌

ローターハブ(樹脂モデル)とキャリパーブラケット(樹脂モデル)を取り付けて仮組みしてみました。

レーシングサービス整備日誌

そもそもTVR専用のホイールに合わせて、ブレーキの強化をするわけですから、当然のようにぴったり収まります。
レーシングサービス整備日誌

ローターハブの3D画像です。内側の造形は強度を上げるために加工されています。なかなか素晴らしい形状ですね。いかがでしょう?


レーシングサービス整備日誌

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。