カーサについて

テーマ:

保護ワンコの預かり&里親探し日記
保護ワンコの預かり&里親探し日記

カーサくんを紹介しま~す。

犬種:アメリカン・コッカー・スパニエル

色:ブラック。顎から胸にかけて白いです。

性別:オス (現在未去勢、去勢手術予定です)

推定年齢:3-5歳ぐらい

体重:9.8キロ、大きさは一般的なコッカーサイズです。

健康状態: フィラリア マイナス。 血液検査等問題なし。 左耳外耳炎治療中。

目の状態: 両目にチェリーアイあり(手術予定)。初期(大変軽度)の白内障(現段階では治療の必要なし)

性格は花マルをいくつあげても足りないぐらいの大変素晴らしい子です。人間も犬も大好きです。この犬種にありがちな攻撃的側面は全くありません。穏やかな子ですが、遊びとなると好奇心たっぷりに遊べます。

ご飯も大好きですが、ドライフード以外は口にしたことがなかったのか、我が家で用意するご飯がしっかり食べれるようになるまで数日掛かりました。今はご飯の時間が楽しみで、唯一吠えるのがご飯の用意時です。

甘えん坊で常に近くに寄り添っていたい子です。車酔いはしませんが、慣れていないため、最初は乗ると震えますがそばにいれば慣れてきます。

トイレは両方共室内でできます。今のところトイレの失敗は1度だけで、すぐに覚えました。外でも出来ます。

お散歩に行ったことがなかったような肉球と筋肉の付き具合でしたが、お散歩に行くようになりあっという間に良い体つきになりました。ただまだお散歩はトレーニング中です。嬉しすぎてなかなかまっすぐ歩けません。

目に関してですが、去勢時にチェリーアイの埋没手術を予定しています。現在は不衛生な環境下にいたために結膜炎などの二次感染を起こしているため、点眼等の内科療法で二次感染を治療しています。それが終われば手術をする予定です。白内障も大変軽度ですがありますが、本犬はまったく問題なく見えています。また眼圧も正常で腫れ等一切ないため、緑内障への進行などはありません。白内障に関しては現段階で治療の必要はありません。

体全体の栄養状態を手術に向けた体力作り、目のための体質改善を目指すため、栄養価の高い食事を与えています。幸い毛質も大変良く皮膚疾患等はまったくないため、食事制限もなく、順調に筋肉質な体型に移行中です。

相手に合わせて無理強いしない子ですので、多頭環境に向いています。現在は多頭環境で暮らしていますが、一度も争いにはなりません。よく遊び、良い距離感で過ごしています。
--------------------------------

目の医療措置を優先しており、治療後に里親様募集を開始する予定です。

カーサに関する質問はいつでもお受けしておりますので、コメントに残して下さい。

最後にカーサの名前の由来ですが、Casaとはスペイン語で家、家族という意味があります。家族が見つかるようにと願い名づけました。

AD

ボクはカーサです。

テーマ:
保護ワンコの預かり&里親探し日記

昨年クリスマスにペット里親会の代表が、仕事納めをする前の保健所に車を走らせ引き出しをしてくれました。年末急に冷え込んで来た中、暖かいところで年を 越させてあげたいという思いを実現することが出来ました。年末の忙しい中にご協力くださったボランティアのみなさまに感謝しております。

カーサくん、埼玉の保健所からやってまいりました。用水路に落ちていたところを保護されたそうです。犬は自分で用水路に落ちるだろうか?と単純な疑問には単純な答えが浮かびます。

この写真でなんとなくわかりますが、立派なチェリーアイで目はちょっと怖い感じですが、性格はこれまで接したすべてのワンコの中でも1番と断言出来るほど素晴らしい子です。

レスキュー当日、あのコッカーレスキューを彷彿させるような糞尿まみれだったそうです。毛玉をすべてカットするのに3時間かかったそうで、その後シャンプーするも、我が家へ到着時やはりなんとも言えない香りでした。

我が家でお世話になっているペットシッターさんに色々と助けて頂き、到着翌日にはカット&シャンプーが済み、無事にきれいさっぱりとした状態で年末を迎えることが出来ました。

目の医療措置をしてから、里親様募集となります。

これからはしばらくはカーサくんの日々を綴ります。

応援宜しくお願い致します。



AD

マリオ 正式譲渡決定

テーマ:
2009年最後に訪れた素晴らしい出来事。それはマリオのトライアル、正式譲渡でした。ご報告が遅れてしまい、すみませんでした。

コッカーレスキュー出身で我が家の卒業生、レイチェルことレイちゃんのお家に迎えて頂き、これ以上ピッタリなお家はないという素晴らしい幸せを手にすることができました。

保護ワンコの預かり&里親探し日記
左がレイちゃん、右がマリオくんです。

朝散歩仲間にどんどんコッカー比率が高くなっていくのは、もやは気のせいではありません。真ん中は我が家のアビーです。マリオ、とっても可愛くなりました。そしてトライアル後、顔の表情が劇的に変わりました。
保護ワンコの預かり&里親探し日記

我が家にいるときは硬い表情が多かったのに、もう完全に安心しきったお顔です。これも安心して毎日一緒に暮らせる家族ができたからですね。本当に素晴らしいです。

ご家族全員がマリオのことを受け入れてくださり、マリオが安心して暮らせるようにとたくさんの工夫をしてくださり、今ではあの不安たっぷり警戒心も高めだったマリオが「おっとり」しているそうです。

レイちゃんとの関係も初日にきっちりと決まり、レイちゃんは次女の座に落ち着いたそうです。もともと頼れるモンちゃんがいたから、次女のポジションがレイちゃんにピッタリだったのかもしれません。

保護ワンコの預かり&里親探し日記

夏に撮ったこの写真がきっかけで、お父さんとお母さんはマリオを迎える決断をしてくださいました。
保護ワンコの預かり&里親探し日記

先住犬の平蔵くんに家庭犬としての生き方を教えてもらったレイちゃん。今度はレイちゃんがマリオに教えてあげる番です。若い2匹が家に来て、お父さんとお母さんもますます若返ったそうです。

レイちゃんもとっても可愛いチビコッカーでしたが、マリオくんはたぶん私が見た中で一番の美男子だと思います。今はご近所でも評判な美男子コッカーとして有名なマーくんです。
保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記
ボク、家族ができました。応援してくれてありがとう。もうこれからはずっとずっと一緒だよ。家族が大好きなマー君です!!



AD

STOP!ブリーダーの虐待!!

テーマ:

茨城県阿見町のブリーダー認可取り消しを求める署名にご協力下さい。
詳細は里親会通信(カテゴリー茨城悪徳ブリーダー) でご覧下さい。


こちらからダウンロードして、表、裏を印刷してお使い下さいご協力よろしくお願い致します。

A3署名用紙表
A3署名用紙裏


署名を集めて送って下さってる方は、大変お手数ですが、こちらのフォーム からご連絡くださいますようお願いします。

茨城 劣悪環境1
茨城 劣悪環境1
茨城 劣悪環境2
茨城 劣悪環境2
茨城 劣悪環境3
茨城 劣悪環境3
劣悪ブリーダー4
劣悪ブリーダー4
劣悪ブリーダー5
劣悪ブリーダー5

茨城県の悪徳ブリーダー

テーマ:

茨城県阿見町の悪質なブリーダーに関する問題と苦悩が「NPO法人ペット里親会のブログ」に書かれています。

そのブリーダーは糞尿の掃除はおろか、餌も水も殆どない状態で、中には怪我や疾患で重症の犬も居ますが治療など一切しないそうです。

ペット里親会ではボランティアの人たちと毎週ブリーダーの所に行き、掃除や餌やりのボランティアを行っていました。飼育環境の改善と繁殖犬の放棄を求めて話し合いをしてきましたが、このブリーダーは犬猫を放棄することも飼育環境を改善することも拒み、このままの状態で商売を続けると言っているそうです。

何度も保健所への通報や苦情もあったそうですが、保健所は丁寧にブリーダーに連絡を入れてから視察に来るので、その時だけ掃除して全く意味がありません。

このままでは多くの犬たちが餓死、病死、凍死することは確実です。 しかもまだ子犬を 買って来て繁殖に使おうとしています。 茨城県動物指導センターにも相談したところ「指導は出来るが 認可の取り上げは 難しい」と言っているそうです。

何とかしてこの犬猫たちを助ける手立てが無いかと考えていますが、現行の「動物愛護法」の元では目の前の苦しんでいる犬や猫たちがいても、所有者(飼い主)の了解が得られない限り一切手出しすることが出来ません。 日本の動物愛語法は動物を守る為ではなく、動物たちを感情の無いモノとして扱うこのようなブリーダーを守る為にあるとしか思えません。

世界中の誰が、この状態を見て動物虐待ではないと思えるでしょうか。

茨城県動物指導センターにこのブリーダーの登録取り消しを求める電話かFAXを送ってください。
TEL: 0296-72-1200 / FAX: 0296-72-2271


大切な命

テーマ:
昨年の愛護週間に寄せた記事を再度アップします。

今週は動物愛護週間です。

これから犬を飼おうと思う人にも、すでに愛犬と一緒に暮らしている人にも、そしてまた犬と一緒に暮らそうと思っている人にも一緒に考えてもらいたいことがあります。

ペットブームにより「命の尊厳」が軽視されています。気軽に手に入るけど、飼育には大変な苦労がつきものです。3万円という週末特価で小型犬を買っても、年間にかかる飼育費用は最低でも20万円です。

毎月かかるもの
えさ代    1ヶ月5,000円ぐらい(年間60,000円)
トリミング  1ヶ月5,000円ぐらい(年間 60,000円)
トイレシーツ 1ヶ月1500円ぐらい(年間18,000円)
合計 138,000円

季節的にかかるもの(医療費)
フィラリア予防薬 1500円x 7ヶ月=10,500円
ノミ取り駆虫薬  1500円x7ヶ月=10,500円
ワクチン接種   6000円x年1回
狂犬病予防注射  5,000円ぐらいx年1回
去勢・避妊手術代   30,000円から
合計 35,000円

これ以外に首輪、リード、ゲージ、サークル、ベット、お洋服、バックなんかを買ったら、あっという間に20万円です。 医療費をみれば分かりますが、予防医療しかいれていません。

小型犬の寿命は長いです。10年生きれば200万円、15年生きれば300万円です。これは高齢になっても医療がかからなかった場合です。5歳を過ぎれば人間同様色々な心配事が増えます。医療費は増します。

命の尊厳とはなんだろう?と考えた時、犬達が肩身の狭い思いをすることなく暮らせるように、人間側がきちんと責任を全うするということだと思います。だからこそ飼育する前に良く考えないといけないです。現在、愛犬と暮らしている方は再度暮らしぶりを確認するいい機会ですし、これからまた犬と暮らそうと考えている方は現在の年齢、収入などと照らし合わせ再度よく考えてみてほしいのです。

私が犬の里親探しや医療ケアのボランティアに関わるようになって分かったことのひとつに、愛犬家が悲劇を生み出していることが多いということです。これは意外でした。

それはこういうことなんです。

お年を召している寂しい祖父母に子犬を買い与えること、子供が一人っ子で寂しいだろうからと子犬を買い与え世話をさせること、自分の犬の子供の顔が見たいからと経験なく繁殖をさせること、可哀想だからと味の濃い人間と同じものを食べさせること、犬が好きだからという理由のみでペット不可の住宅で犬を飼うこと、若くて人生の進路が変わりやすい時期(結婚、転職、引越しなど)に犬を飼うこと、1匹だけだとお留守番のとき可哀想だからという理由だけでもう1匹飼うこと・・・。

こうした愛犬家の行動が、こういう悲劇を生み出す可能性があります。

無理なブリーダー繁殖の横行、無免許ブリーダーの増殖、先住犬との相性が合わない、離婚する、子供が犬に飽きる、自分が病気になって入院するが家族は面倒をみない、子供は中学生になって忙しくて世話ができない、塩分過多で腎臓などの重要な臓器が悪くなって高額な医療費がかかる、引越しでペット不可だから連れて行けない、他の住人からのクレームで犬と暮らせないなど飼育放棄につながる場合があります。

誰でも犬を買えますが、誰もが犬を飼うべきではない、その命を尊重し責任をもって最期まで面倒を見れるなら、犬を飼うべきです。そしていかなる理由があっても、殺していい命などありません。

飼育放棄で保健所の殺処処分にならなくても、こういう犬の多くは今も肩身の狭い思いをして暮らしています。

散歩には連れて行けないから年中ゲージの中のみで暮らす子、フードが高くて家計に響くからと消費期限切れの安いフードを気が向いたときにしかもらえない子、腫瘍が出来て膿が出ているのに獣医は高いからと病院に連れて行ってもらえない子、「うちに置いてあげているのよ」と言われ、その家の子供から叩かれるなどの虐待を受けても黙っている子、ペット不可のマンションで飼っているから、吠えないようにいつも口輪をして暮らしている子、家が汚れるのが嫌だからと日よけもないベランダに真夏でも出されている子、高いからとトリミングにだしてもらえず毛玉が引き連れて歩くだけで激痛が走るから動けない子、飼い主が忙しいからと大量の置き餌とバケツに水を置いて長期出張に行く飼い主に飼われている子・・・・。

こういう子は飼い主が飼育を放棄して表に出てこない限り、一生こういう生活で終わります。

犬を飼うならその子に出来る限りのことをして、長生きさせてほしい。そして家族の一員としてたくさんの良い思い出を作り、お互いに尊重しながら飼い主が犬を守ってほしいと切に願います。

我が家にも、倒産したブリーダーが放置して見捨てられ酷い状態で見つかった子、ブリーダーが医療をかけず足に障害が残ったままの子、個人が繁殖させて手に負えず飼育放棄した子、離婚で出されたが子供に世話をさせていたため病気が発見できずに治療をしている子などがいます。

この子達が今までどんな辛い環境の中で命を繋いできたかと考えると、愛犬家として胸が締め付けられる思いでいっぱいになります。そしてこの子たちを含め、里子に出た子達が安心して幸せに暮らしている様子を見ると、うれしくて胸がいっぱいになります。

こんな苦労をすることなく、飼い主と信頼関係を築けるように、私達愛犬家も一緒に考える必要があります。

長い間更新していませんでしたが、マリオはどんどん我が家に慣れていました。そして今日トライアルに出発しました。先住犬のいるお宅ですので、少し長めのトライアル期間を設けることにしました。

今日はご家族全員おそろいで、マリオのことを可愛がってくださり、マリオの弱いところ、苦手なところ、注意すべきところを皆さんで聞いてくださいました。

新しい生活には不安がつきもので、どんよりと不安な顔つきをしていましたが、それを乗り越えれば今まで感じたことのない素晴らしい幸せが待っています。

がんばれ、マリオ!

応援してくださった皆様、ありがとうございます。マリオくん、今日から新しい生活をスタートさせました。
無事にトライアルがうまくいくことを心から願って・・・・。


保護ワンコの預かり&里親探し日記

ボク、がんばるよ~~~~チョキ

朝の散歩

テーマ:
またまたご無沙汰でしたが、マリオ君のお預かり&里親さま募集は鋭意継続中です。

めっきり暑くなり、ワンコにはとても辛い季節になりましたが、人間もバテバテ。

昼間はとてもお散歩できないので、早朝に近所の小学校前で毎日開催される朝の集会にマリオも時々参加させてもらってます。 まだ比較的涼しい時間帯ですが、それでも暑い…

マリオは、ご近所さんで、卒業生のレイちゃんとも大の仲良しになれました。

レイちゃんのお父さんと
お母さんには、いつも 「マリオ君イケメンね~! カワイイ~ね~! 賢いね~!」 と褒めちぎられて、おやつも貰って、とても嬉しそうにしてます。

マリオは極度の怖がりなので、初めての場所は緊張してどうしていいか分からず、プチパニックになってしまいます。 いきなり走り出したり、方向転換したりするので、リードをしっかりと握っていないと非常に危険です (力が強くて瞬発力もあるので)。 そんなときは表情にも緊張感や警戒心が出ています。

ミグノン 譲渡会でも最初は緊張のあまり脱○してしまい、ブルブル震えまくって、みんなに笑われてたけど、最近は徐々に慣れてきて、落ち着いていられるようにはなりました。 それでも、
まだ表情はブルーで不安げな感じだけど。

慣れてきて安心できる場所だと分かると、表情も緩んで下の写真のように可愛いスマイリーな感じになります。


保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

次回 ミグノン 譲渡会
7月25日(土)12:00~16:00 犬猫譲渡会&フリマ

住所 : 東京都杉並区和泉4-42-39 「MAP」

参加予定犬:アメリカン・コッカー・スパニエル、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、チワワ、キャバリア、ビーグルMIX犬ほか仔猫多数参加予定(2ヶ月~10ヶ月)25頭前後

保護ワンコの預かり&里親探し日記

「みなさん、7/25 ミグノンに会いに来てね!まってるよ~!」
 

明日も譲渡会

テーマ:
多忙を極めブログの更新が滞り、遊びに来てくださった方申し訳ありませんでした。

マリオ君は先日の譲渡会でもなかなかご縁がなく、成果といえばとうとう車移動後の軟便をしなかったことでしょうか・・・。譲渡会の会場であるミグノンさんのサロンにも慣れ、上手に過ごせるようになりました。慣れるまでに時間がかかる不器用なマリオです。(そこが可愛くもありますが)

今日マリオ君はワクチンを打ちました。その後しばらく様子を見ていましたが、問題ありませんでした。食欲も変わらず。先週とっても可愛くトリミングしてもらい、さらに可愛さ倍増のマリオです。

寝顔3連発のマリオです。

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記

保護ワンコの預かり&里親探し日記


ビビリのほうは相変わらずで、家の近くに線路があるのですが、電車の音が遠くから聞こえてくると軽いパニックになります。あとは車のエンジン音とかクレーン車とか、モーター系にはめっぽう弱いことが最近の発見です。家の掃除機にも逃げまくるマリオです。ただ、自分が知っている散歩道になれば、余裕が出てきて楽しそうに散歩ができる良い子です。他のワンコとも相性が良いのは変わらずで、多頭飼いの我が家で集団生活を学んでいます。最初は末っ子にマウントしていましたが、今ではマウントはされるものの自分からはあまりしなくなりました。

トリミングでも良い子でいれますし、耳掃除なんか問題なくやらせてくれます。好奇心が強くジャンプ力がすごいのもそういえば最近の発見です。普通のサークルなんて余裕で飛び越えます。うちの子は誰もそこまでジャンプできないので、やっぱり男の子ですから、やることもスケールが大きいですね。脱走防止策は大型犬だと思ってしたほうが安心できると思います。

さて、明日は良いご縁があるかな?マリオくん、がんばりましょ~。


Mignon譲渡会の結果

テーマ:
気合を入れて臨んだMignon
譲渡会でしたが (その割には遅刻したんだけど。。。)、問い合わせ0件という残念な結果でした。。。

子猫シーズンだしワンコは難しいのかな~と思ったりもしたけど、他のワンコ達には続々と問い合わせ&申し込みがあったので、そういう訳でもないらしい。 マリオは容姿も、年齢も、性格も、躾も申し分ないのにオカシイな~。

こんなに可愛いくて若いから直ぐに決まるだろうとタカを括っていたものの、もっと頑張って宣伝しないと良い里親さんに巡り会えないかもしれない!と危機感を覚えた今日でした。 ( と、言っても里親様の条件は緩めませんが)

でも前回とは違い、今日の譲渡会ではビビッてウンPをちびったり、皆に笑われるくらいブルブル震えたりしませんでした。 すこぶる落ち着いた様子だったし、ソワソワしだしたのでトイレシーツを広げると、きちっとシーツの上でオシッコができてボランティアさんたちから拍手されちゃったりしました。

相変わらず車に乗せると何処に連れて行かれるのか不安らしく、ブルブル震えてしまうけど、少しずつ色んな事を経験して成長しているようです。

うちの中ではすっかり慣れきって、他のワンコを抑えて何でも一番乗り、甘えん坊もNo.1だけど。

次回のMignon譲渡会 【6月27日(土)12:00~16:00】 にも参加させていただく予定ですので、みなさん会いに来てね!


保護ワンコの預かり&里親探し日記
車は怖いから乗りたくないって言ってるのに、またお出かけさせられました。 しかもワンコと人がいっぱい居るところに。 でも、前にも来た事がある場所だったから、お腹ぐるぐるになりませんでした。ボクだってやればできるんだから。