抑肝散加芍薬黄連

テーマ:

祝・90回目



季節の変わり目で自律神経のバランスが崩れたりすると


更年期症状が悪化し、感情の起伏が激しくなったりします


また、心の疲労が寝つきを悪くしたり、やる気が失せたりします


そこで紹介したいのが


「ナビゲート顆粒」

成分は抑肝散加芍薬黄連で1日量(3包)に抑肝散加芍薬黄連水静乾燥エキス2700mgを配合してます


抑肝散とは?


“肝”は心や精神をあらわします。抑肝散は、その意味での“肝”言いかえれば精神神経症状を抑えるための方剤です。宋時代の「保嬰撮要」という古典書で紹介されています


ナビゲートは抑肝散に芍薬と黄連を加えた処方


芍薬のはたらき


抗ストレス作用を高めます。肝血を補い潤すことでストレスが原因の肝血不足、


気の異常を正常にする。すなわち、ストレスがもたらす精神疾患の改善効果を


高めます。


黄連のはたらき


頭の緊張、強張りをゆるめ、不安・不眠を改善します


過度のストレス(肝の異常)は、心を刺激し、熱症状をもたらし不安・不眠となり


ます。黄連は心熱を清解し不安・不眠を改善します。



服用後 「頭がスッキリしたよ」 「気持ちが落ち着くよ」 と喜ばれてます


また就寝前服用で、高ぶった神経を落ち着け睡眠の質が改善されるようです


ぜひ、お試しください!!


ねつきが悪い

意欲減退な方

イライラ


ご相談ください



ラブダイイチ東薬局 http://www.ody.co.jp/







AD