PMS(月経前症候群)治療薬

テーマ:

PMS ⇒ Premenstrual Syndrome とは?


月経開始の3~10日位前から始まる精神的、身体的症状で月経開始とともに減退ないし消失するもの


と日本産婦人科学会で定義されています


症状としては


乳房のはり・痛み、肌あれ・にきび、下腹部のはり、眠気又は不眠、疲労倦怠感、頭痛、腰痛、むくみ、下腹部痛、のぼせなどの身体症状や、イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、憂うつ、落ち着かない、緊張感などの精神症状です


このような症状の緩和のための薬が発売になりました


前に少し紹介しましたが 


プレフェミン という要指導医薬品です


有効成分はチェストツリーの果実のチェストベリー(西洋ハーブ)


PMSは女性特有の疾患ですので


18歳以上の女性しか服用できません


1日1回1錠の服用 


30日分 1800円(税別)


今月末頃から東海地区ではTVCM、新聞広告、雑誌広告などがあるようです


もちろん要指導医薬品ですので八百屋さんみたいな薬屋 ☜では販売できないかと思います


最後に PMS緩和のために お薦めの生活改善


規則正しい生活を心がけること


バランスの良い食事をとること


アルコール、塩分およびカフェインの摂取を控えること


軽い運動を行うこと(有酸素運動)


禁煙につとめること(受動を含む)


 


ラブダイイチ東薬局 http://www.ody.co.jp/








AD