あなたの命を守るお薬手帳

テーマ:

本日のお客様は

昭和6年生まれのお元気おばあちゃん


「下痢で腹が痛い、下痢止めください」


「お医者さんの薬、飲んでたでしょう?」


「MKクリニックさんの薬、飲んだけど効かないで」


「飲んだ薬はナニですか?」


「痛いときに飲む薬!」


「頭のか?(笑)」


「腹だわむかっ


こんな会話してても解決しないので、全部の薬を持ってきてもらうことにしました。

(このばあちゃん、当薬局で調剤してないのでわからない)


30分後 (まだ下痢止まらない)


「これ飲んだ」 粉薬・・・酸化マグネシウム(下剤)?


「手帳持ってきたぁ?」


「あるよ、MKさんのはこれ!」


「はぁ・ ・ ・?」


「これが市民病院、こっちがMB医院の」


「3冊も?」


この先の話は ご想像どおりですので省略ビックリマーク



あなたの命を守るお薬手帳

飲んでいるすべての薬を「1冊で」記録することが大切です。病院ごとや薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう


東京都薬剤師会の『お薬手帳の活用例』を見つけました

⇒ http://www.toyaku.or.jp/oh/tetyou/case.html



ラブダイイチ東薬局 http://www.ody.co.jp/





AD

コメント(1)