2017-08-14 07:59:03

13日(日)今日の地震 種子島南東沖でM5.1 スマトラでM6.4 震度5

テーマ:ブログ
08/13 12:08 
スマトラ島南西近海 M6.4 震度5(米) 深さ35km

Twitterより

@tokaiama
今朝は5時半現在、
猛烈に緊迫した耳鳴りです現在、史上最悪の巨大地震前兆が出ていて、非常に危険な状態です

@keijimoriiVet
8月11日
イエローストーンのスーパー火山周辺の土地が変形。この夏1500回以上の地震 dailymail.co.uk/sciencetech/ar…

predictive_blog
【大野地震研究所】
『【続報】立命の高橋教授は的中? 
長野北部でM3.9 震度3 
これが最終か? 
はじまりか?』、
『8/13-16に漫才コンピがピンチ 誰?』 
予知--M4-5 北海道 https://t.co/qZwoqDtOFE
2017.08.12 10:15

kurumiru_michi
17:54,衝撃波のような微動。81秒。
大振幅から始まり、小刻みに収束。明瞭。
1回だけなら海外の大型地震の兆候だけど、これはエネルギーはかなり大きめ。2017.08.11 17:56

Yamasaki_LiT
最近、地震予知や地震速報などをめっちゃ見てる俺。最近の情報では 8月中に関東に大きな地震が起きる可能性がある事と、 今年中に南海トラフ地震が起きる可能性がある事。
南海トラフはいつ起きてもおかしくないけどw
そして2つの地震のどちらかが、 もう片方の予兆なのかもしれないと思う。
2017.08.11 20:51



http://trs00.mxcd.imodesearch.jp/?_jurl=http%3A%2F%2Fd.hatena.ne.jp%2Fnmomose%2F20130326%2Fsuzu&_jlite=1&_juid=&_jsrc=&_jkw=%92n%90k%97%5C%92m%96%B2&_jimg=1&guid=onより

【TOCANA】「深海魚の出現は地震発生と無関係」に異論~リュウグウノツカイなどが大地震前に出現するケースは多い

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。

『【徹底反論】東海大発表「深海魚の出現は地震発生と無関係」は重大なミスを犯している!?
海洋生物と地震のつながりは確かにある!!』と題したもの。

また派手なタイトルがついてしまった。

これは、7月13日に東海大学などの研究チームが

「深海魚の捕獲や漂着は大地震の前兆ではない」という研究結果をまとめたことに対するものだ。

過去20年の深海魚の目撃と地震発生の関連性を調べたところ、

場所が一致する例はほとんどなかったというもの。

これが本当ならば、長年かけて研究してきたものが、すべて全く根拠がなかったことになってしまう。

これは何かしら異論を唱えずにはいられないということで、この記事となった。
TOCANAの記事
…とはいっても、東海大学らの研究チームが「重大なミスを犯している」などと言うつもりはない。

このへんは、編集の際に微妙なニュアンスが違ってきているので、以降で補足していきたい。

まず、下記のトカナの記事を読んでみてください。

深海魚と地震の関係は迷信か?

…というわけで、トカナで書いたように、科学者たちも注目し真剣に研究していたわけで、あながち迷信と片付けられない。

その中には、「お魚博士」として知られた水産学者の末広恭雄氏(1904~1988)、環境地震学者の弘原海清(わだつみきよし)氏(1932~2011)、池谷元伺・大阪大学名誉教授(1940~2006)も含まれる。

そして自分が収集したデータのうち、確度が高いと思われる10件のケースを紹介している。

これは、深海ザメを含むサメ類を除外しているとあるが、この部分も編集されていて、実際はサメ類の他に、クジラ・イルカのケースも除外している。

深海魚の出現と地震発生に関係がありそうな10例

というわけで、TOCANAで紹介した10件の例を、こちらでも示しておく。

こちらでは、便宜上、番号をふっておく。

【1】1968年5月13日:
シギウナギ。
北海道釧路市沖で漁獲。

→ 1968年5月16日9時48分:青森県東方沖(十勝沖地震)、M7.9、最大震度5。遅延3日。

【2】 1990年7月18日:
リュウグウノツカイ。
神奈川県小田原市御幸の浜に漂着。

→ 1990年8月5日16時13分:神奈川県西部、M5.3、最大震度4。遅延18日。

【3】 1995年1月13日:
リュウグウノツカイ。
三重県度会郡南島町の大敷網。

→ 1995年1月17日5時46分:阪神・淡路大震災、M7.4、最大震度7。遅延4日。

【4】2005年5月19日:
リュウグウノツカイ。
鹿児島県隅町大浜漁港に漂着。

→ 2005年5月31日11時4分:大隅半島東方沖、M5.8、最大震度4。遅延12日。

【5】2008年12月26日:
リュウグウノツカイ。
青森県五所川原。

→ 2009年1月16日2時49分:千島列島東方沖(シムシル島東方沖)、M7.4、最大震度2、遅延21日。

【6】2011年11月13日:
テンガイハタ。
神奈川県大瀬崎。

→ 2011年11月17日17時34分:茨城県沖、M5.1、最大震度3。遅延4日。

【7】2012年11月15日:
ユウレイイカ。
神奈川県・江ノ島沖。
10月後半から相模湾内で大量に捕獲。

→ 2012年11月16日17時25分:千葉県東方沖、M5.5、最大震度5弱。遅延1日。

【8】2014年3月17日:
リュウグウノツカイ。
福岡県北九州市若松区の海岸。

→ 2014年3月26日17時49分:薩南諸島東方沖、M5.3、最大震度3。遅延9日。

【9】2016年3月13日:
タチウオ。三重県紀宝町。熊野灘の定置網で漁獲。

→ 2016年4月1日11時39分:三重県南東沖、M6.5、最大震度4。遅延19日。

【10】2017年2月8日:
リュウグウノツカイ。
フィリピン、ミンダナオ島、アグサンデルノート。

→ 2017年2月10日22時頃:フィリピン・ミンダナオ島スリガオ、M6.5。遅延2日。

というわけで、いずれも出現→発震までの遅延が短く、また震源までの距離も遠くないケースばかりだが、どうだろうか。

ちなみに、【2】は震源が内陸の地震であり、その点で意見が別れるところかもしれない。

私は、多くの事例を見てきて、そのようなケースでも深海魚やイルカ、クジラなどの異常行動が起こり得ると判断している。

この10例中6例がリュウグウノツカイだったことは、自分でも驚きだった。

非常に稀にしか姿を見せないと言われ、幻の深海魚などと呼ばれるが、出現事例はけっこうあるようだ。

私が収集した事例の中で、リュウグウノツカイの場合だけでも、これは地震と関係ありそうだというケースが20件以上ある。

リュウグウノツカイ以外では、ここでは1件しか選んでいないが、テンガイハタが印象が強い。

サケガシラは、意外にもあまり多くはない。

【5】は出没地点から震源までの距離が1000km以上あるため、10選に選ぶには問題があったかもしれない。
今回、意図して選んだわけではないが、結果的には冬季を含めた日本海の出現例はない。

これは、日本海では大きな地震が滅多に起きないことも関係しているだろうと思われる。

かつては、特に冬季に日本海側でリュウグウノツカイなどの深海魚が出現した際に、大きな地震に注意などと触れ回った過去があり、これは今考えると大きな反省点だ。

このような場合は、やはり地震前兆ではなく海水温の低下などに原因があるのではないかと、まず考えるべきだろう。

東海大の研究では、そのへんまで考慮してデータを抽出してもらえると、また違った結果となるのかもしれない。

また、TOCANAで書いたように、ロレンチーニ器官によって地震前兆を捉えやすいのではないかと思われる

サメ類(深海ザメを含む)や、イルカやクジラは深海魚以上に地震との関係がありそうなので、これはまた別の機会にまとめてみたい。

たとえ深海魚の出現が大きな地震に結びつく可能性が低いものであったとしても、

自分が住む地域で深海魚出現のニュースが報じられた時に、防災に心がけることは決して無駄ではないはずだ。

そのような気持ちをもって、今後もこのような研究を続けていくことにしたい。
【追記】体感
今現在(2017/08/11 1:30)、気がつけば耳鳴りが強烈に続いている。

関東の地震、まだ終わらなそうだ。


【以上】


(´ω`)こちらはアキラの地震予報からであります。

鹿屋圏内にM6.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海~近畿地方では、
一週間程地震発生に要注意です。父島のデータと相乗りの可能性が有ります。
特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
また、火山活動による爆発噴火の可能性が有ります。
2017.(08/12 10:06発信)

女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が複数出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方~サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(08/11 11:08発信。)

父島圏内にM6.7クラスの地震発生合図が沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・
千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
2週間程要注意です。
特に、本土で発震する可能性も有りますので要注意です。
2017.(08/09 10:59発信)

【以上】

(´ω`)備えあれば憂いなしでよろちくびです。

さて、本日の地震は埼玉県から始まりますた。

2:07 埼玉県南部
震度2 M3.9 深さ80キロ
(35.9N 139.8Em)
image.gif

3:23 種子島南東沖
震度2 M5.1 深さ30キロ
(29.9N 131.3E )
image.gif

6:16 宮城県沖
震度1 M3.5 深さ50キロ
(38.3N 141.9E )

7:13 網走支庁網走
震度1 M2.2 深さ10キロ
(44N 145E 深さ10km)


12:13 浦河沖
震度2 M3.9 深さ70キロ
(41.6N 142.1E )


12:18 浦河沖
震度1 M3.5 深さ70キロ
(41.6N 142.1E )


13:19 長野県北部
震度2 M2.9 深さ20キロ
(36.8N 138.6E )


19:40 後志支庁北部
震度2 M3.4 深さ10キロ
(43N 141E )


12:06 三陸沖
震度1 M4.7 深さ10キロ
(39.5N 143.7E )
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。