気付くとすぐ近くに

当たり前のように


瞳を閉じてるきみがいる



静かな寝息が聞こえてくると

なぜだろう

ココロが落ち着くんだ




{A802D356-3728-4D5E-8966-F0420BED3AAD:01}






そっと肌に触れて

温かいぬくもりを感じれば

その先を望んでしまう

自分がいる



起こさないように

そっと重ねた唇から

この高鳴る鼓動が伝わるかな



このまま時が止まればいいのに


何度も何度もそう願いながら




また新しい朝が始まると

真っ暗な空から

白々とした光が浮かび上がる



※みなさま、同じテーマであげています。

是非、他の方の素敵な作品もご覧くださいませ。







AD

コメント(4)