四号家@瀬谷。

『美しさ』というのは、一見絶対的なようでいて、実は多様な基準があるのではないかと、近頃思うようになりました。

これは例えば、時代、若しくは地域によってその価値基準が異なる、そういうことではありません。
同時代の同じ文化圏においても、謂わば一種の逆転現象でさえ起こり得る、ということです。

2013年に日本の和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
懐石に代表される様式美と、器などへも拘りを持つ和食は、非常に強い美意識を感じさせる食文化です。
ここで求められる美しさというのは、フランス料理や中華料理で重視されがちな華美ではなく、空白を楽しむ侘びに通じる、正に日本的な美学の一面と云えるのではないでしょうか。
とはいえ、方向性に違いはあるものの、フレンチも中華も和食も、何かしらの『秩序』に則った美しさが重視されるというのは同じなのだと思います。

機能美という言葉があります。
ワタクシは何となく工業デザインを連想するのですが、具体的に挙げるなら、イームズの椅子などでしょうか。
本来デザインは機能を含む、という考え方があるので、そもそも機能美という言葉自体、無意味なのかもしれませんが、しかし機能に由来する美しさというのは、確かに存在し、そしてそれは一般的な美とは一線を画すこともあると思うのです。

例えば芸人に求められる美しさとは何なのか。
『笑われるのと笑わせるのは違う』などとも云いますし、更には『出オチ』という一種の蔑称もこざいますが、それでもしかし、その存在意義が『笑いを取ること』である以上、矢張り笑いを誘うフォルムが重んじられるという現実は在り、それがつまりお笑いの機能美(の一つ)とも云えるのではないでしょうか。

随分と前置きが長くなりましたが、ではラーメンにおける美しさとは、一体何なのでしょう。

現在二極化が激しく進んでいるラーメンのまず一つ目の極、これは間違い無くB級からの脱却を目指し、美しく盛り付けることに拘るタイプです。
我が神奈川では神奈川端麗と一頃呼ばれたカテゴリーなどもここに含まれます。
こちらが追求しているのは普遍的な美しさなのだと思います。

そしてもう一つの極、これは二郎系に代表される、脳髄を揺らすことに特化した、謂わば嗜好品型とも呼ぶべき一群です。
ここで求められるモノ、それこそが『嗜好品としての機能美』なのではないでしょうか。

旨みでえぐり
糖質で更にえぐり
脂質できっちり打ち抜く

ある意味、えげつない。

昨今では横浜のみならず、都内でも繁盛店を見掛けるようになった家系。
これらもそんな一派に含まれると思います。

先日行った、瀬谷の『四号家』。

こちらの一杯は、そういった家系の黎明期を支えた骨太さの名残を、存分に味わわせてくれます。
正に『美しい』。

暴論、付会に過ぎると思われる向きもありましょうが、しかし自身が作り手の端くれとなった今、こういった考え方が安易に看過出来ないのではないかと、つくづく思わされる今日この頃です。

ご馳走様でした。
AD

麺小屋てち@武蔵新城。

少し前から気になっていたお店に、漸く行くことが出来ました。
武蔵新城の『麺小屋てち』です。

この華やかなビジュアルの味噌ラーメンに惹かれまして。

麦味噌を使ったという甘めのスープに、ご覧の通り色とりどりの具、如何にも女子受けが良さそうですが、45歳のオッサンのハートもしっかり射止めて頂きました。

刺身のツマに使うような生野菜と、茹でたモヤシの組み合わせって、ありそうでなかなかお目に掛からないと思うのです。
食感のアクセントが、食べていてとても楽しい。
ありきたりなチャーシューではなく、茹でた豚バラかな、このチョイスも素晴らしいと思います。
緻密に作り込まれたこちらの一杯、ずばりオススメです。

ご馳走様でした。
AD
木曜日にだけ供される一杯を頂きに、雨の中鶴見まで。
らーめん土俵鶴嶺峰の定休日のセカンドブランド『鶴嶺峰のにぼとん木村です』です。
…名前長いな(^^;)

『にぼとん』なので、きっと煮干し+豚なのだと思います。

丁寧に刻まれた青葱がイイ。
ラーメンに乗せるのが勿体無いくらいです。
ところでこの具のチョイスは、鶴嶺峰の通常営業から拝借したものなのでしょうか。
その辺りが少し気になるところかも。

スープと麺のバランスは、少し前に頂いた七連星に似ている感じがしました。
色々なアプローチがあって、面白いなぁ。

ご馳走様でした。
AD