石川県能美市の「いしかわ動物園」で27日、国の特別天然記念物・トキのペアが繁殖ケージ内で卵1個を産んでいるのが確認された。佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)以外の施設の産卵例としては、08年に初めて確認された多摩動物園(東京都日野市)に続いて2カ所目。

 ペアは8歳雄と6歳雌。鳥インフルエンザ感染防止などを目的とした「分散飼育」のため、今年1月に他の2羽とともに佐渡から移送され、今月に入り交尾行動が確認されていた。

 動物園によると、有精卵であれば4月下旬~5月上旬にもひなが誕生する見込み。このペアは過去に5羽の繁殖経験があり、今後約1週間でさらに2~3個を産むと期待されている。【宮嶋梓帆】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ:富山から福井へ 飛来地で最南西
トキ:2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待
トキ襲撃:ケージのすき間にテンの毛

関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で-岐阜地裁支部(時事通信)
<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)
「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕(時事通信)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
AD