大阪府高槻市の淀川堤防沿いの斜面で4月29日、宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった事件で、宇野さんとみられる女性が16日夜、豊能署に携帯電話で「養子縁組して保険金をかけられた。狙われている」と相談していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。相談内容が事件と似ていたため、宇野さんの身元が判明した5月10日、応対した署員が上司に申告し、発覚したという。

 豊能署や捜査関係者によると、電話は4月16日午後9時ごろ、匿名で豊能署にかけられ、「豊能町の養父母の家を飛び出し、荷物を取りに来なかったら処分すると言われている。養子縁組して保険金をかけられた。狙われているかもしれない」と訴えた。署員は約30分間応対したという。

 宇野さんについては5月10日に養父母が身元を確認した際、養子縁組や保険金加入の事実が相次いで明らかになった。署員の申告に基づき、府警が宇野さんの携帯電話の発信記録を調べたところ、豊能署に電話をかけた事実が確認された。

 宇野さんは1月、「住み込みの仕事がある」と養父母宅に転居したが、4月には大阪市内の実父を訪ね、身の危険を訴えていた。

 石垣峰竹・豊能署副署長は、「署員は一般的な問い合わせと判断し、相談内容を記録に残したりしなかった。対応が適切であったかどうかは必要であれば検証したい」と話している。

【関連記事】
ネットで知り合い養子縁組後に生命保険数千万円分 大阪・淀川ポリ袋遺体
露、米への養子縁組凍結 「虐待」に反発 家庭崩壊 施設に70万人の子供
ロシアからの養子をひとりぼっちで「強制送還」した米国人家族 
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
名字変更目的? 架空の養子縁組容疑で男逮捕 前橋
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

輝く“サムライ技術” 響くホイッスル・断熱・省エネ… サッカーW杯(産経新聞)
元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
サッカーW杯 世界レベルへ一歩、ナニワ魂アピール(産経新聞)
みんなの党の江田幹事長が「菅民主」との連携をあらためて否定(カナロコ)
AD