前原誠司国土交通相は18日の閣議後会見で、6月からの導入を目指していた、高速道路の新たな上限料金制度の導入を先送りする考えを示した。

 前原氏は「(国会での)審議日程が限られるなか、関連法案が現時点で委員会の審議前。準備のめどが整った無料化社会実験を先行して6月下旬から始める」と説明。そのうえで、新料金の導入時期については「今後の国会の審議状況を踏まえて決めていきたい」とした。現行の普通車休日1000円などの料金制度は当面、維持される。【寺田剛】

【関連ニュース】
前原国交相:「二律背反」と小沢幹事長を批判 高速新料金
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で
高速無料化:CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算
社説:論調観測 高速料金混迷 政権へのあきらめ投影

<タクシー運転手殺害>メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
偽1万円札でパンと飲料水、82歳男逮捕(読売新聞)
がんワクチンを「高度医療」に認定 第4の治療法に高まる期待(産経新聞)
<口蹄疫>大分・鹿児島も種牛の避難検討(毎日新聞)
<たちあがれ日本>消費税増税 園田幹事長「野党が提案を」(毎日新聞)
AD