原口一博総務相は18日、口蹄疫で殺処分された家畜の損失補償で、農家が負担することになる家畜の評価額の5分の1の経費について、宮崎県が肩代わりをする場合には、全額を特別交付税で措置する方針を明らかにした。国会内で記者団の質問に答えた。

 従来は、家畜伝染病予防法に基づき、殺処分された家畜の評価額の5分の4を国が補償し、残り5分の1は農家が負担することになっている。農家負担分を県が肩代わりした場合は、国は半額を特別交付税で措置することになっている。

 原口総務相は「農家は不安を抱え、出荷も競りも止まっている。2次、3次と(感染が)広がらないためにも判断した」と話した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
クローズアップ2010:終息見えない口蹄疫 「このままでは町壊滅」
口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官
口蹄疫とは

桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
民主参院選の公約、財政健全化など9本柱(産経新聞)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
28日に故鈴木元知事の都葬(時事通信)
AD