大阪城公園(大阪市中央区)内の天守閣前広場で14日午後、アスファルトの地面が陥没し、東西2.3メートル、南北1.7メートル、深さ0.9メートルの穴が開いた。園内は観光客らでにぎわっていたが、けが人はなかった。

 公園を管理する大阪市東部方面公園事務所は、周辺をフェンスで囲んで立ち入りを規制。地中の排水管の破損が原因の可能性があるとみて調べている。

【関連記事】
明石の砂浜陥没事故、地裁差し戻し確定へ
大阪・岸和田では道路陥没 近畿東海で大雨
路面下空洞調査、契約の透明性求める 検査院
道路陥没で事故、国に6800万円賠償命令 静岡
地滑りの「おくりびと」ロケ地 農水省職員ら被害視察
20年後、日本はありますか?

<社民・国民新>与党間「調整機関を」 民主に申し入れ(毎日新聞)
行政刷新会議、仕分け第2弾へ聞き取り開始(読売新聞)
非核三原則見直しを タブーなき議論必要(産経新聞)
皇太子さま、ガーナの世界最大級ダム湖を視察(読売新聞)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)
AD