9日午後0時40分ごろ、大阪発羽田行き日本航空116便ボーイング777―200型機(乗客乗員214人)が離陸直後、油圧系統にトラブルが発生した。同機は目的地を関西空港に変更、同1時15分ごろ着陸した。けが人はなかった。同社が原因を調べている。
 同機が着陸した滑走路上に幅約3メートル、長さ約100メートルのオイル漏れが見つかったため、同空港はこの滑走路を約2時間閉鎖。離着陸をもう1本の滑走路に振り替えたため、他の便への影響はなかった。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

村上隆がセレクトするギャラリーショップ「Hidari Zingaro」(Business Media 誠)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)
AD