強制起訴された南谷昌二郎、垣内剛の両元社長は23日夕、大阪市北区のJR西本社で相次いで報道陣の取材に応じた。ともに硬い表情で、慎重に言葉を選びながら語った。井手正敬元社長は取材に応じず、コメントなども出さなかった。

 南谷元社長は「(起訴を)重く受け止めている」とし、認否については、「これからの問題。真摯(しんし)な気持ちで対応していきたい」と語った。

 垣内元社長は「重く受け止めなければならない。事故当時の責任者として改めて深くおわび申し上げる」と頭を下げ、認否については「誠実に対応していく。弁護士と相談の上で私の見解をまとめたい」と述べた。

 またこの日、JR西の佐々木隆之社長もコメントを発表。「引き続き被害に遭われた方々に誠心誠意と受け止めていただけるような対応、安全性の向上、変革の推進に全力で取り組んでいく」とした。【牧野宏美】

民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続-環境省(時事通信)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況-公安調査庁(時事通信)
<殺人>34歳女性と5歳長男死亡 刺された傷…京都(毎日新聞)
AD