岡田克也外相とルース駐日米大使が14日に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐって電話で会談していたことが分かった。外務省関係者が15日、明らかにした。ルース大使は、鹿児島県徳之島にヘリ部隊の一部を移転するなどとした日本側の移設案は、受け入れ先自治体の同意を得る見通しが立っていないとして、実務者協議入りに改めて難色を示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ(産経新聞)
飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷-奈良県警(時事通信)
<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
<自民党>与謝野氏らの処分、結論持ち越し 党紀委(毎日新聞)
AD