仙谷由人国家戦略担当相は20日、岡山県玉野市の宇野港と高松市の高松港を結ぶ「宇高航路」の存廃問題に関し、同航路で運航するフェリー2社について「統合してできるだけコストがかからないようにしながら、船の便益を残してほしい」と述べ、経営統合を検討するよう求めた。
 その上で、仙谷担当相は「どうしても(船便が)残せないならば、公的な助成を考えていく必要があるだろう」との考えを示した。宇野港に向かうフェリー上で記者団に語った。 

【関連ニュース】
4事業の子会社を合併=MS&AD、4月から
中国での独禁法認可取得=NECエレとルネサス
万有製薬、新会社名を「MSD」に変更=シェリングとの経営統合で
大丸松坂屋、1日に発足=統合完了、百貨店改革を加速-Jフロント
三菱UFJ社長に永易氏=会長に沖原氏

<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
犬無許可飼育で書類送検(産経新聞)
生活費8年間で3割節約=大学生、アルバイト増やす-08年度調査(時事通信)
公示地価 99%で下落 2年連続マイナス 九州の上昇地点ゼロ 2010年 2万7410地点(西日本新聞)
静岡・浜名湖の境界画定=2市1町の面積公表-国土地理院(時事通信)
AD