他人名義のクレジットカードで買い物をし商品をだまし取ったとして、警視庁公安部と多摩中央、府中両署は詐欺などの疑いで、政治団体「日本誠道連盟」会長、佐藤政夫容疑者(38)=東京都稲城市=と職業不詳、原伸夫容疑者(65)=川崎市麻生区=ら男4人を逮捕した。

 公安部の調べによると、原容疑者を除く3人は、1月17日未明、都内の量販店で、原容疑者名義のクレジットカードを使って、財布やDVDレコーダーなど5点(計約14万6千円相当)を購入するなどしたとされる。

 公安部によると、原容疑者は犯行2日後にカードの紛失届を提出しており、4人が共謀し紛失を装って代金をカード会社に負担させる狙いがあったとみている。

【関連記事】
他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕
【衝撃事件の核心】勝手にカードが使われる「クレジットマスター」の恐怖…恋人が禁断の手口に踏み込んだ裏事情とは
偽造防止に威力発揮 ホログラムからICへ
「メールアカウントの値段はお菓子以下」 スパム送信などに悪用
電話代行サービスの悪用が横行 「ハードルの低さ」が背景?
虐待が子供に与える「傷」とは?

夫婦別姓 今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)
口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)
「県民の財産」民間種牛、ワクチン接種を拒否(読売新聞)
<毎日世論調査>福島社民党首罷免「適切」56%(毎日新聞)
犬がおとなしく留守番できるCD(産経新聞)
AD