日本初の室内楽専用ホールとしてクラシックファンに親しまれてきた、東京・御茶ノ水の日本大学カザルスホールが31日夜、22年の歴史に幕を閉じ、最後のコンサートが開かれた。

 スペイン生まれの名チェロ奏者カザルスの名を冠した同ホールは、建築家の磯崎新さんが設計を手がけ、1987年にオープン。2002年に日本大学に売却され、昨春、同大キャンパスの再開発に伴い閉館が決まった。

首相「郵政改革、閣内バラバラではない」(産経新聞)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加-大阪府議会(時事通信)
<偽装献金>鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」(毎日新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
AD