福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニエンスストア9社に対し、暴力団を取り扱った雑誌などを販売しないよう要請し、うち大手6社が販売中止を決めたことが25日、分かった。4月から県暴力団排除条例が施行されるのを前に、撤去要請に踏み切ったという。県警は「規制ではなくお願いで、販売中止は各社の自主的な判断だ」としている。 

【関連ニュース】
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
暴力団対策部を新設=全国2番目

<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
首相動静(3月28日)(時事通信)
竹下通りであわや大惨事!「芸能人がいる」デマに女性殺到し将棋倒し(スポーツ報知)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
AD