野田佳彦財務副大臣は25日の記者会見で、民主党内で「政治とカネ」をめぐる問題が相次いでいることに関し、「民主党の青くささは経験で消えていくが、古くささが出てくることはマイナスだ」と懸念を示した。また、中井洽国家公安委員長の女性問題が週刊誌で報じられたことについても「予算は成立したが、全員が脇を締めていかなければいけない」と強調した。 

【関連ニュース】
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護
外国たばこ、値上げ認可=財務省
渡部氏、7奉行と会合=参院選「情勢厳しい」
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で
首相発言が波紋=ハードル高い「満額支給」

「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)
郵政グループ株式「もちろん公開」亀井氏(読売新聞)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題-鳩山首相(時事通信)
<環境省>温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算(毎日新聞)
<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)
AD