自民党の大島理森幹事長は24日、党本部で宮城県連会長の小野寺五典衆院議員と会談し、夏の参院選宮城選挙区に現職の市川一朗氏(73)を推薦する方針を伝えた。党は公募で候補者を決め、市川氏は落選し、元中学校教諭、熊谷大氏(35)が公認された。県連関係者によると、市川氏の推薦は参院幹部の強い働きかけがあったという。小野寺氏は会談後、記者団に「頭ごなしに推薦を決められた」と述べ、執行部の方針に強く反発した。

「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
共同出資会社「日医工サノフィ・アベンティス」設立へ(医療介護CBニュース)
柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)
公金横領の小中学校職員3人懲戒免…名古屋(読売新聞)
AD