文部科学省と内閣府原子力安全委員会は19日、文科省所管の財団法人原子力研究バックエンド推進センターへの委託事業で人件費が過大請求されていたとして、過払い分を返還請求すると発表した。不適切な請求は03~07年度の計24件の委託事業で7503万円。

 両府省によると、委託業務の人件費の計算ミスで、日本原子力研究開発機構から同センターに出向中だった職員の人件費を誤って全額算入したという。昨年5月の会計検査院の検査前に同センターが過去の書類を点検し発覚した。

 委託業務は、原子力発電所の廃止措置や放射性廃棄物処理に関する海外の事例調査など。03年度以前は書類が残っていなかった。

【関連ニュース】
もんじゅ:下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円
もんじゅ:耐震性問題なし 原子力安全委
もんじゅ:「耐震性評価は適切」安全委
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
もんじゅ:業務請負3社、知事側からもパーティー券購入

LDH、旧経営陣との訴訟終結 7億6500万円支払いで和解(産経新聞)
2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」(産経新聞)
「虚業集団」企業推理小説の清水一行さん死去(読売新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
AD