GWにライブ決定!!


5月4日(祝)
song.live.archives presents
「link station live at ground」

●会場:表参道Ground
(http://www.omotesando-ground.jp/ )
16:30 open
17:00 start
●チケット
前売:3000+drink
当日:3500+drink
再入場可能
●出演

片平 里菜
the☆free style
じゃ~んずΩ
スターマイン
和ボックス

kiki



オープニングアクト

SIO


チケット購入は
ローソンチケット
Lコード:75006

または
公演日、氏名、枚数を記載して、
r2@kitty.co.jp までメール下さい☆

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年12月31日 00時00分00秒

r²解散のご報告

テーマ:ブログ
お久しぶりです。


今日は、みなさんにご報告があります。



2012年12月31日を以って、r²は解散する事となりました。



詳しくは、
二人からのメッセージをお読み下さい。




【一柳 亮太】

お久しぶりです。

さんざん待たせて、こういう形でみなさんにお知らせをしなくてはいけなくなってしまい、
ごめんなさい。


今年の5月くらいから、
r2の活動がほぼストップしてしまっていて。

その大きな理由が、僕のプライベートな部分なので、
報告すべきか迷っていましたが、
どのような経緯で今回、解散という結論に至ったか、
待ってくれていたファンの方々に、
せめて事情を説明させて頂きます。


今年の春位に、
自分の大切な人との間に、新しい命を授かっていた事がわかりました。

自分は今まで、人生の殆どを音楽に費し、そのスタンスはこれからも変えるつもりはありませんでした。

がしかし、
自分の血を分けた命が生まれこようとしている
という事態を目の当たりにして、
それを否定してまで進もうとは思えませんでした。

一アーティストである前に、
一人間として真っ当でいたい。

むしろ、
おそらく1%にも満たないであろう可能性の中で宿った生命、
未来を見据えた相手との生命を否定する方が不自然で。

家族を養う上で、
経済的な問題が現実としてあり、
別に仕事を始めました。

必然的に、音楽活動に費やせる時間は激減するわけで、
相方の陵典とも話し合い、
彼が音楽をやっていく上で、
自分は必要か、
自分がいては今までのような活動が出来なく、迷惑をかけるんじゃないか。
どういう形がベストなのか。
色々な葛藤の中、
それでもなんとかr2を続けたい
そう思わせてくれたのは、
ファンの方々の声、存在があったからこそです。

自分達の創り上げて来た音楽、歌が、
聞いてくれる人の人生に入り込んでいく。

自分という存在がいる事で、
誰かの為になれているというのは、
大袈裟じゃなく、
生きる喜びでした。

そんな人が一人でもいる限り、
続けていきたい。

そう思いました。


陵典にも我儘を聞いてもらい、
再始動を決定して、今までのような活動のペースでなくても、
ファンの方々に音楽を発信して行こう。


一度はそう決まったのですが、

二人の生活環境の変化によるすれ違い

r2としての活動に対してのモチベーションのギャップ

ベクトルの違い

など、
色々な部分も見えて来て、
元はソロのアーティストだった二人、
別々の道を歩むという結論に達しました。

自分は心から陵典を応援していますし、
僕個人としても、
マイペースに音楽をやって行くつもりです。

r2の活動を通して出会えた、
関われたすべての人に感謝します。

これからも、そんな人達と繋がっていける

恩楽を

奏でて行きたいと思っていますので、
これからもどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。







【児玉 陵典】



児玉陵典です。

こんな日が来てしまうとは、
正直まだ実感ありませんが
二人ならもっと大きなステージに立てると
信じ
夢見て
一気に駆け抜けた2年でした。

多くの人と出会い、またその中で
多くのファンの人に応援していただけて
本当に幸せな日々でした。


解散と言う形になってしまった事
また、このような形での発表を
お許し下さい。



解散は苦渋の決断でした。


ファンの皆様の為にr2は解散してはいけない、
何とか続けることは出来ないだろうか
最初は亮太といかに続ける事ができるか話し合いました。

しかし存在だけで活動が伴わないのは
ファンを騙しているような気すらして

活動開始を待ってくれて、
時々声をかけてくれたりする中で
事情は話せないし動くことも出来ない
フラストレーションがたまった時期もありました。


大きな悩みだった為に
時間もかかってしまい、
鬱にもなりかけ、
すごく悩んだ数ヶ月でした。


まだまだやりたい事も、
知らない事もいっぱいあって

果たしてこのままでいいのだろうか?
自問自答を繰り返し、結論に至りました。


ただ勘違いしてほしくないのは、
二人の音楽が嫌だからとか
そういうのではなく、

一ミュージシャンとして今出来ることの中で、
僕は僕でありたいし、後悔はしたくない。



2人は別の道を進みますが
どうか忘れないで下さい。



ふと、いつかまた今やってる音楽を聞いて
その時でも「やっぱいいな」って思えたなら
一緒に歌いたいと思う。

それは何年何十年先かはわかりませんが、
彼は最高のパートナーでした。


相方、亮太の幸せ

そして
応援し、愛を注いでくれた

ファンの皆様の幸せを

切に願います。



2012.12.31






r2として、
ライブやリリースも特に致しません。
今後の二人の動向にご期待下さい。


これからも、
一柳亮太、児玉陵典共々、
応援頂けたら幸いです。

伝え切れない程の感謝、声援、
本当にありがとうございました。

photo:01




追記

現在、児玉陵典はソロ活動を行っております。
変らぬ声援を頂けたら幸いです。
Youtube動画もr2と同一アカウントにてUP致します。

http://profile.ameba.jp/ryousuke119/
AD
いいね!した人  |  コメント(50)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。