プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

 

なかなか勝てなかった阪神暗黙時代のエースといえば・・・



阪神近鉄 湯舟 敏郎 さんです!


登録名は、「ゆふね」さんですが、本名は、「ゆぶね」


大阪にある興國高校時代は、クリーンアップでレフトを守り、


今年、最優秀救援投手を受賞:桑原 謙太郎投手(阪神)も後に在籍する、奈良産業大学の硬式野球部1期生として、入学。


2年春には1部リーグへ昇格し、秋にはリーグ優勝、そして5連覇へ貢献するピッチングを披露します。


大学卒業後は、社会人チーム 本田技研鈴鹿へ入社。


2年目には、エースとして、都市対抗野球ベスト8まで導きます。


そして、1990年。小池 秀郎(ロッテを拒否)の外れ1位で、阪神タイガースへ入団します。



入団直後の1年目のオープン戦のピッチングをみた、中村 勝広 監督から


「大大大戦力」


と、大きいが3つも付くほどべた褒めされw 1年目は、5勝11敗。


2年目の1992年には、6月14日vs広島カープ戦にて、ノーヒットノーランを達成します。


そして、3年目の1993年には、タイガースのエースとして、12勝6敗。1994年には開幕投手を務めました。



しかし!とにかくこの頃の阪神は貧打。


自身は規定投球回をクリアし、防御率3..05の好成績を残しながらも5勝7敗に・・・。


その後も、自身の不調とチームの不調も重なり、結果が残せない日々に・・・。


1995年は33試合に登板し13敗、1996年は29試合登板14敗と、


2年連続で、最多敗戦投手 」 


不名誉な記録を打ちたててしまいます。(ちなみに、96年は右のエース 藪投手とWで・・・ )




そして、1998年4月


本塁へのカバーへ入った際に、軸足の左足を骨折。この怪我がきっかけで、中々結果を残すことができなくなってしまいます。


2000年オフに、



山崎 一玄投手、北川 博敏選手と共に酒井 弘樹投手、面出 哲志投手・平下 晃司選手との3対3の交換トレードで、大阪近鉄バファローズに移籍をしました。


一時は、開幕投手として予想をされるものの、またしても故障。


チームはリーグ優勝を果たすものの、日本シリーズの登板はなく、この年限りで現役を引退しました。



引退後は、阪神タイガースのコーチに


そして、現在は、解説や評論で活躍されています。


「 あの時のタイガースじゃなければ・・・。」と、思う投手ではありましたが、


引退後のお仕事(関西地区での解説・評論)をみると、経験を活かされている方であると思います。


これからもご活躍に期待!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

センターゴロ 」 の伝説を残した、「 鳥人 」 といえば・・・



阪神 → 西武 → 中日  北村 照文 さん です!


強肩、好守の北村さん。 新聞やテレビからは、舞うような守備に「鳥人」とニックネームが付けられました。


1974年 神奈川県にある武相高校在学時、甲子園予選準々決勝に進むものの、


のちに巨人に行く、原 辰徳選手率いる東海大相模高校に負けます。


その後、キャタピラー三菱を経て、三菱名古屋(現在の三菱重工名古屋)へ。都市対抗野球でサイクルヒットを放つなど活躍します。


1979年 ドラフト3位で阪神タイガースへ入団。 即戦力ルーキーとして開幕一軍に選ばれます。


1年目は65試合出場し、控えとして活躍。


入団3年目の1982年には125試合に出場し、センターのレギュラーへ定着します。


この年から2年連続でダイヤモンドグラブ賞を受賞します。


そして、伝説を残したプレーは、1987年のナゴヤ球場。


中日 鈴木 孝政投手の打席で、北村選手へワンバウンドで来たセンター前ヒットを、そのままファーストへ送球し、アウトに。


少年野球では観たことのある、「センターゴロ」をプロ野球で成し遂げました。


鋭い打球であったことと、強肩である北村さんの送球があってこそのプレーです。



そして、1988年のシーズン途中・・・



金森 永時 選手とのトレードで、西武ライオンズへ移籍します。背番号は「12」。


この時の西武は黄金時代、守備固めとしてチームを支え、


1989年には、77試合に出場します。


更に、1990年の開幕直後・・・



鈴木 康友 選手との交換トレードで、中日ドラゴンズへ移籍。


ここでも守備固めとしての地位を全うします。


ドラゴンズで放ったホームランは、初年度1990年に2本なのですが、


甲子園球場で、レフトフライをホームランと勘違いし、一塁をまわったところで派手にガッツポーズをしてしまったプレーが、珍プレーとして取り上げられたことがありました。


当時、ラッキーゾーンが金網で区切られているだけだったため、分かりづらかったのもあるかもしれませんね。


1992年に現役引退。


その後、中日で2年間コーチをし、現在は古巣 阪神タイガースのアマスカウトを勤められています。



実は、乱闘をした相手と職場が一緒で・・・



中尾 孝義  さんです。


1984年 北村さんが阪神在籍時に、中日ドラゴンズ在籍で当時正捕手だった、中尾さんと本塁クロスプレー。


交錯後、乱闘になり、北村さんは中尾さんの股間を二度攻めましたw


そんなお二方共に現在は阪神のスカウト。


都市対抗野球でも同じ座席群に座っておりました。 


中尾さんは阪神に在籍したのはコーチでしかありませんし、不思議な巡り合わせですw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヘッドスライディング といえば・・・



阪神 亀山 努 さん です!


実は、一卵性双生児。 現在は俳優で、弟の忍さんと共に、阪神タイガースの入団テストを受け、


努さんのみ、1987年に入団。 背番号は、「67」でした。


1990年にウエスタンリーグで、首位打者と盗塁王、1991年に2年連続の首位打者のタイトルを獲得します。


そして、1992年 背番号を「00」に変更し、大ブレイク。


131試合に出場し、打率.287 


当時、売出し中だった、新庄 剛志選手と共に、「亀新フィーバー」 を巻き起こします。



亀山さんといえば、一塁へ頭から突っ込む、ヘッドスライディング。


1993年のシーズンは、そのヘッドスライディングが怪我の原因となり、肩を脱臼。44試合に出場が留まりました。



1994年は、105試合に出場し、再びレギュラーを奪取。


キャリアハイの本塁打数 9本を記録します。


阪神のオールドスタイルといえば、「亀山さん」でもありました。



そ~れゆけ 亀山! 豪快に シャープにかっ飛ばせ♪

そ~れゆけ 亀山! 栄冠をつかむんだ~♪


後にこの応援歌は、藤本 敦士選手に引き継がれました。


1995年は、グレン・デービスとの試合中の衝突による怪我で、19試合に留まります。



1996年は、1試合も出場することができず、1997年に戦力外通告を受けます。


怪我もそうなのですが、遅刻癖が中々治らなかったのだとか・・・。



引退後は、少年野球チームの監督に。世界大会優勝へ導きます。


その後は、野球解説などで活躍する、亀山さん。


タレントとしての、これからの活躍ぶりも期待です!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プロ野球ニュースのキャスターとしても活躍



阪神 → ダイエー → ヤクルト 池田 親興 さんです!


このカードは、1985年カルビー。 後ろのフェンスが外野フェンスなのですが、この頃は外野フェンスのを前に迫り出させたラッキーゾーンがありました。


その余分な地にブルペンを作り、控え投手が投球練習を行っていました。


池田さんは、日産自動車で社会人野球をプレーし、1983年ドラフト2位で阪神タイガースへ入団。


1年目から9勝を挙げ、2年目の1985年には開幕投手を務めます。そして、チームの日本一に貢献。


日本シリーズでは、完封勝利を挙げます。


「今日に限って言えば(リーグ6位の)ヤクルトの方が怖かった」と発言したものの、後の近鉄 加藤 哲郎投手の様には取り上げられませんでしたw


その後、怪我なので思うような活躍ができず、



1991年 大野久選手と共に、福岡ダイエーホークスへ移籍します。背番号は「21」


移籍後はリリーフとして活躍し、91年には13、92年には14セーブを遂げます。


上記のオートグラフは、神宮球場で解説者として来ていた際に頂いたのですが、背番号を阪神時代の「18」と間違えられて左横に「21」を頂きました。


94年に戦力外通告を受けます。そして、



1995年に、ヤクルトスワローズへ入団。


13試合に登板をしたものの、右肘の怪我を克服することができず、現役を引退します。


翌年、ダイエーのスカウトを務めた後は、解説者・コメンテーター・時には司会者として活躍されています。


フジテレビのプロ野球ニュースは長く出演。 チカさんの活躍に期待!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

レッツゴー♪のこの選手


阪神 → 西武 吉竹 春樹 さんです!


応援歌の歌いだしは、「レッゴーレッゴー♪はる~ぅき♪」


1978年 九州産業高校かドラフト外として阪神タイガースに入団。投手を経験後、外野手へ転向しました。


阪神では、同タイプの北村照文選手とライバル争いをし、1983年から4年間連続100試合出場でレギュラーとして活躍します。


日本一に輝いた、1985年も2番打者として活躍します。



1986年のオフ、田尾 安志選手とのトレードで前田耕司選手と共に西武ライオンズに移籍。


1年目からレフトのレギュラーを得て、オールスターゲーム初出場します。


しかし、その直後、ライトフライを追った際フェンスと人工芝の間に右足を挟まれ転倒、右足大腿骨骨折の重傷を負います。


その後もレギュラーは獲得できなかったものの、準レギュラーとして、西武黄金期を支え、1996年 引退。


その後はコーチとして、古巣阪神で活躍し、2015年から独立リーグ福井ミラクルエレファンツの監督に就任されました。


実は打率も2割以上の結果を残す、西武でなければバリバリ活躍できた選手じゃないでしょうか。


これからも、がんばって下さい!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。