プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

チームカラーの伝統芸 「 努力・根性 」 を象徴する選手といえば・・・



広島 正田 耕三 さんです!


現役時代は、カープ一筋 正田さんのプロ入りは、1984年ドラフト2位。


和歌山商業高校から、社会人チーム新日鉄広畑へ。1983年の都市対抗野球では本塁打を放つなど、活躍をします。


そして、1984年はロサンゼルスオリンピック日本代表としてセカンドを守りました。


プロ1年目を終えた、1985年オフ


投手が投げるスピードについていけず、古葉 竹識 監督の勧めから、スイッチヒッターに挑戦します。


これが、正田さんを「努力の鬼」に変えさせたキッカケでした。


寝ても覚めてもとにかく、練習。


睡眠と食事以外は、とにかくバットを持ち、打撃コーチだった内田 順三 氏共に、二人三脚で練習に励みました。


その結果、1986年には、90試合出場 打率.288を記録。リーグ優勝に貢献!



リーグ優勝を記念した旅行でも、バットを2本持参し、練習をするほど。


1987年には、努力の甲斐が実り、セカンドのレギュラーを奪取。


そこから12年間、広島カープを代表とする選手として、1軍の試合に出場し続けます。


正田さんが使うバットは、特徴的なバット。


内田コーチの指示で、1200グラムのすりこぎ型のバットを使い、最短距離でバットをボールにぶつけるスイングを身に付けました。


BBM1993年のカードも、ちょうどミートポイントへ目線を合わせている写真。最短距離を意識しているシーンです。


首位打者2回(1987年、1988年)


盗塁王1回(1989年)


ベストナイン二塁手部門2回(1988年、1989年)


ゴールデングラブ賞5回(1987、1988、1989、1990、1991年)


と、バリバリのレギュラープレイヤーとして輝かしい成績を残し続けました。



1997年も117試合に出場したものの、


翌年1998年は、「若手に出番を譲りたい。」と自ら申し出をし、コーチ兼任に。


そして、シーズン途中8月に、引退を発表しました。


同年には、1,500安打を達成、9月にはサヨナラヒットを放つなど、最後まできっちり仕事をされる選手でした。



引退後は、広島、近鉄、阪神、オリックスなどでコーチをし、


現在は、韓国プロ野球チーム 起亜タイガーズにて1軍打撃コーチをされています。2017年には、韓国シリーズ制覇に貢献しました。



現役晩年も、とにかく練習の虫


ホームゲームでは早出特打ち、ビジターゲームでも午前中から打撃練習をしていました。


その姿をみて、成長されたのが、緒方 孝市(カープ監督)や金本 知憲(タイガース監督)です。


正田さんが取り組んだ姿は、確実に後継者へ伝承されていっています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

選手→審判の進路




広島日本ハム 秋村 謙宏 さんです!


選手が選ぶベストアンパイアにもランクインする秋村審判は、元プロ野球選手です。


法政大学から日本石油の社会人チームに進み、1989年に都市対抗野球へ出場。


1990年ドラフト外で、広島東洋カープへ入団します。背番号「53」


1年目から1軍で33試合に登板し、プロ初勝利・初セーブを記録。



背番号が、「53」→「47」に変わった1993年には、自己最多の48試合に登板で、6勝4敗。


その後は、徐々に登板回数が減り・・・


1996年は、


日本ハムファイターズへ移籍。


しかし、1軍出場は4試合に留まり、1997年限りで現役を引退します。なぜか、1997年の背番号は「00」でした。



その後は、NPBの審判へ。


異例の出世で、1年目の1999年で早くも1軍の試合を担当。


入局5年目の2003年では、オールスターゲームの主審を務めます。


2007年には、日本シリーズの球審を。


通常は15年かかるところを、入職9年目の異例の出世!!



ちなみに、審判員になってからの袖番号は「1」


これは、


「学生時代から出席番号は、1と決まってたから。」


とのこと。


「あ行」あるあるなのかもしれませんねw


これからも躍進に期待!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドラフト会議で一躍有名になったスカウト



広島 田村 恵 さんです!


1994年 鹿児島商工高校(この年から:樟南高校)時代、3年次には夏の甲子園で準優勝を成し遂げます。


そして、その年のドラフト会議にて、6位で広島東洋カープに入団します。


強肩の黒縁メガネ(一周廻って現在は流行か?)から、「古田2世」と呼ばれました。


1軍出場はプロ4年目から。28試合に出場し、プロ初安打も記録。



しかし、出場回数が一番多かった年は1998年に。


翌年1999年は12試合、2000年は22試合。


その後、2001年、2002年は1軍出場はなく、戦力外通告に。そのまま引退をします。


そして! 田村さんはここから裏方人生がスタート。

広島カープのスコアラーを経て、2004年からアマチュアスカウトへ転身。2017年現在も、スカウトとして活躍されています。


特に田村さんが、表舞台に立ったのは、2013年のドラフト会議。


長崎日大高校→九州共立大学の大瀬良 大地投手を5年間追っていました。


カープはその年のドラフトで、各球団の指名が重複した場合、担当スカウトがくじを引くことを決めていたそうです。


大瀬良 投手をドラフト1位で指名したのは、ヤクルト・阪神、そして広島。


ヤクルト:小川 淳司 監督、阪神:和田 豊 監督、その間に広島:田村スカウトと、不釣合いな画面に感じましたw


そして見事引き当てたのは、田村スカウト!!


「ありがとうございます。本当にうれしいです。やっぱり、自分が一番、見続けてきたので、絶対に当たると信じて、臨みました!」


この素直なコメントに、感動しました。そして、このクジを担当スカウトに引かせる、広島カープの一丸感がいいですね。


田村スカウトは他のインタビューで、


「スカウトの目線では、のびしろを重視しています。選手が24、25歳になった時の成長曲線を描くようにしています。」


とおっしゃっていました。


これからも田村スカウトの視線に注目です!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

赤ヘルの若大将といえば、



広島 → ヤクルト 小早川 毅彦 さんです!


サインが、顔の真ん中になってしまいました笑


高校は、PL学園高校。1979年の春の選抜に出場しました。そして、その後法政大学へ進学し、2年生の秋季リーグでは、三冠王を獲得しました。


1983年 ドラフト2位で広島東洋カープへ入団。


入団1年目から同ポジションの長内 孝選手を控えに追いやり、112試合に出場。ホームラン16本を放ち、新人王を獲得します。



1987年9月20日の巨人戦で江川 卓投手からサヨナラホームランを放ちました。このホームランがきっかけで、江川投手は引退を決意します。


オールスターゲームは、1984年、1987年に出場。


年号が、昭和から平成に変ってからは、メディーナや山田 和利選手などファーストを守る選手の増加により、先発を外れることが多くなりました。


1996年オフ 戦力外通告を受けます。


そして・・・



1997年 ヤクルトスワローズへ入団。くすぶっていた男が開花。


当時、ヤクルト 野村 克也監督は、小早川さんのある部分に注目します。それが・・・



「小早川は、大学1年(法政大学の4番)、プロ1年目(新人王)と門出の年に必ず活躍している」 



という読みでした。


1997年 vs巨人との開幕戦。


小早川さんは、2回の初打席、エース・斎藤 雅樹投手から先制本塁打を放つと、1-2で迎えた4回に同点弾。さらに6回には勝ち越しの2ランと1試合3本塁打の大活躍を果たします。


野村再生工場で復活を果たし、12本の本塁打を放ちました。この年、チームは日本一に。


翌年も62試合に出場し、1999年に引退します。


その後、カープのコーチを2006年-09年まで勤め、現在はNHK野球解説、サンケイスポーツの野球評論家をやられています。


1997年の開幕戦の解説は、山本 浩二さん。3連発を観た浩二さんは、「こんな選手だったかな。」とおっしゃったそうです。


一発大きなホームラン♪ 大砲 小早川~♪


2016/04/24 カード追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

炎のストッパーへつなぐセットアッパー といえば・・・



広島 川端 順 さんです!


鳴門高校時代には、徳島屈指の本格化投手と呼ばれたものの、甲子園へは行けず


その後、法政大学へ進学したものの、六大学での活躍も秀でたものもありませんでした。


その後、1982年 東芝へ入社。翌年の都市対抗では、優勝へ貢献しました。


そして、1983年 ドラフト1位で広島カープへ入団。


入団2年目には、45試合に登板し、11勝7敗7セーブを記録し、新人王を獲得。


1986年には、炎のストッパー 津田 恒美投手へ繋ぐ、セットアッパーに抜擢され、中継ぎ投手陣を支えました。



1990年に、背番号を 「33」 → 「17」 へ変更


翌年のペナントレースでは、28試合すべてがリリーフ登板だったものの、


日本シリーズ第6戦では、先発を担いました。



1992年 28試合に登板したものの、現役を引退。実は、打撃も優れた投手でした。


その後、2005年までカープのコーチ。


現在は編成部で活躍される敏腕フロントです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。