強み

テーマ:

「あなたの強みは何ですか?」

と聞かれて、すぐ答えられる人ですかと。
自分の長所はなんだろうかと探した時期もありました。


じゃあ、自分以外で
「〇〇さんの一番の強みは何ですか?」
それぞれの強みをパッと答えられる仲間がいます。


私の強みは
事務長や仲間から教えてもらいました。

「うしくんはこれだよ!」

と言ってもらって
そうなんだ~~と。


そしたら更に一歩先にいき、
「仲間の強みを生かしてあげられているだろうか?」

自分の強みを知り
仲間の強みを知り

それで終わりになるはずもなく
今度は仲間の強みを生かすとき。


私自身も

「その行動ってうしくんらしくないよね」

言ってもらって
ハッと気づかせてもらうときがあります。

昔だったら
「あなたに私の何が分かるのよ・・・」と落ち込んだときもありましたが!(未熟モノ!!)


でも、これだけ仲間と一緒にいて
それぞれの強み
絶対に曲げたくないんだろうなと思うところも見えてきて。

謙虚でもあり
素直でもあり
かなり優しい人ばかり

で、ありながら・・・・・・

実はかなりの「強さ」をそれぞれにもっていて
これは一緒に生活するようになって気づかせてもらいましたが!


今日仲間が
「らしくない行動」をしました。

別に他の誰かだったら全く気にならないこと。

だけど

その仲間がしてしまったことだからこそ気になるんだなと。

絶対に曲げたくないところ、強みを知っているからこそ

絶対に曲げてほしくないなと思える。


相手の強みや想いがあってこそ。のこちらの想い。


そういった想いを届けてくれる人がいるから。

だからこそ!
私たちらしい日々を毎日過ごさせてもらってます!!


AD

お陰様で

テーマ:
「お陰様です。」

日本人ならではの素敵な言葉。

お年寄りの方からはよくお聞きします!
患者様と接していて

「お変りはなかったですか?」と聞くと

大抵
「お陰様で・・・・ 」 と。


私も幼い頃は
なんで「お陰様なんだろう?」と戸惑ったときもありましたが!


今は「お陰様」について教えていただき

慈悲の心についても学ばせてもらっています。


直接何かしてもらったとか
目に見えるものに対しての感謝のレベルじゃなく!

目に見えない感謝にどれだけ気づき
どれだけ感じられているだろうか。


1年前あるイベントでプレゼンさせていただいた内容で

「全ての命の連鎖と犠牲の上に生かされている」といった内容を
盛り込みました!!

今生きている地球も、この宇宙も、
太陽も月も、
水も空気も、
虫も動物も。
全てが私たちを生かしてくれている存在で
何ひとつかけても私たちは生きることができません。

高度な内容かもしれません。
常に自覚することは難しかもしれません。

でもこのフレーズを口にすると
生理現象で涙が溢れてきます。

だから、きっと魂は知っているんだと思いました。

生かされている命なんだということが。


そのことを知っている(多少なりとも自覚しながら)生きてきた1年と

一生知らずに過ごす100年。

どちらが尊い時間なのか。
生かされている自分。
だったらやるべきことは!と明確になりました。


今まで生きてきて知らないことが本当にたくさんありました。

「人間とは何か」
「生きるとは何か」
「自然とは」
「死とは」

生まれてからずっと今日まで毎日毎日生きてきたのに
生きることにおいてのメインテーマだろうことを
知らないままに無意識に生きてきました。

無意識は怖いです。
同じ与えられている命なのにもったいない・・・


私もまだまだ学ばせてもらっている途中。

だけど知ってからの方が明らかに違う。


題からそれまくりですが!!

「お陰様」

おじいちゃん、おばあちゃんからはよく出るフレーズですので
きちんとこういった精神を後に繋げさせていただけたらと思います!












AD

ちゃんと向き合った上で

テーマ:
「ようやく自分のことできるから」
白内障手術をされる方との会話の中で
たまにお聞きする言葉です。

夫を看取ったからね。
後は自分だって。

このフレーズに弱い。
自分のことを犠牲にし、ご家族に尽くされてきたお姿にはジーンとさせられます。
そして眼科スタッフという役割をいただいた私に何ができるだろうかと考えます。

そして…



自分もそのうち家族を介護するときがくるかもしれません。

普段死と向き合うことは
なかなか無いことかもしれません。

でもここにいて、患者様と触れ、無常を感じやすい環境にいさせてもらえていると思います。

徐々に最期を迎える方もいれば、
突然、なんの前触れもなく迎えることもあるかもしれません。
逆に自分の方が先に…なんてこともあるかもしれません。

いつ何が起こるか分からないこそ
死に対する準備はちゃんとしておきたいです。自分も、大切な人たちも含め。その上で今を生きていきたい。老いも死も向き合うことは辛い。だけど。

あんまり考えたくないことかもしれませんが、でも考えることから逃げていても、最期は必ずやってきます。だからこそちゃんと向き合いたい。

与えていただいた命を最大限正しいことに使わせてもらいたい。

抽象的すぎですが
大切にしている想いです。






AD