岡田克也外相は21日午後、都内でクリントン米国務長官と会談した。韓国の哨戒艦沈没事件について、両外相は、日米韓3カ国が緊密に連携して北朝鮮に対処することを確認。米軍普天間飛行場移設問題については、5月末の決着に向けてさらに努力することで一致した。
 会談後の共同記者会見で、クリントン氏は「北朝鮮に強いはっきりしたメッセージを出すべきだ。挑発行為には報いがある」と強調。普天間問題については「運用上、政治上、持続的な解決策を見いだしたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~

連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)
普天間合意文書で岡田外相とルース大使会談(産経新聞)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)
日本は韓国を支持、米と連携で対応…哨戒艦事件(読売新聞)
社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)
AD