社民党の照屋寛徳国対委員長は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相が「抑止力」の観点から県内移設を提案したことに「誰から何を学んだか知らないが、一言で言えばあきれてものが言えない。情けない」と酷評した。

 さらに「県外はダメだったから沖縄に? 冗談じゃない。県外には配慮して、沖縄には配慮しないのか。首相を含めてこの国の政治の不作為で沖縄を犠牲にすることは私や県民は絶対に容認しない」と県内移設に反発した。党本部で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
故鳩山一郎元首相の墓に黄色い塗料 東京・谷中霊園
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」
糸口すらみつからない…解けぬ「友愛数」の呪縛
板挟みの沖縄知事 首相から具体的な移設先が明示なくいらだち
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声

「買い物難民」に宅配や送迎支援、研究会提言へ(読売新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕-三重県警(時事通信)
<JAL>空も地上も男性スタッフだけ 「こいのぼり」フライト(毎日新聞)
【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)
普天間移設 首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
AD