小沢鋭仁環境相は19日の閣議後会見で、化石燃料に課税する地球温暖化対策税(環境税)と温室効果ガス排出量にキャップ(上限)を設定する国内排出量取引制度について、「税の中身と排出量取引の中身の議論を同時並行で行う」方針を明らかにした。

 今国会に提出する地球温暖化対策基本法案(仮称)については「論点整理を無事終えて文案作成に取りかかっている」と説明。2月下旬以降にも関係閣僚委員会で合意を得て、3月5日に閣議決定することを目指す。

 基本法に基づいて具体策を盛る行程表の骨格づくりも急ぐ方針。ただ、環境税と排出量取引制度の具体的な協議を同時並行で進めることには、経済産業省や産業界などには慎重論が根強い。

【関連記事】
温暖化法、環境税など盛り込みは「無理」 直嶋経産相
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声
たばこは嫌われもの?まずは喫煙マナーを徹底
中国の対米“ホンネとタテマエ”
科技大に太陽光施設整備 日本がエジプト支援

<死体遺棄>凍った乳児2遺体 愛知のスーパーに(毎日新聞)
「明確になったら説明」小林議員、北教組事件で(読売新聞)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
<殺人>81歳母が死亡 58歳長男を容疑で逮捕 東京(毎日新聞)
AD