1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年05月31日(月)

授業に脱落してしまう

テーマ:ブログ
中学校の時は授業についていけないということはなかったのですが、

高校に入ってしばらくしてから授業にまったく付いていけなくなりました。


それも学校へ行かなくなった理由の一つですが(その辺の話しはまた別途)

授業についていけなかったのは私の場合理由がありました。

今朝ほどの日経新聞に4人に1人が授業に脱落。

その理由を勉強する習慣がなく高校に来ているからとされていました。

恐らくそれも要因の一つだと思いますが、私自身の経験では下記の通りです。

(高校によって違うと思います。あくまでも私の体験談です)


1)勉強の仕方、授業の進め方が大きく変わった

中学生まで特に授業の受け方、勉強の仕方など教えられてきませんでした。

もちろん高校でも教えられることはなかったのですが、高校に入ると

授業の進め方が、中学に比べて大きく変わりました。

具体的には下記の3を参照下さい。

勉強の仕方も、これまでの中学はディテールを覚えるというより

広く浅く知っておくということが重要でしたが、高校に入ると

かなりディテールを求められました。

中学だとディテールを知っていると返って受験がうまく行かなかったことが

高校では当たり前に知っておく必要がありました。



2)学ぶべき量が圧倒的に多くなった

量が中学に比べて格段に多くなりました。

下にもまた書きますが、進学校だったのであれもこれもと

たくさん勉強させるのです。

中学までは自分の要領で勉強できたのが、高校ではそうもいっていられないくらい

量がふってきました。

3)予習が前提だった

私は予習が大嫌いでした。

なぜなら、学校で教えてもらうから学校へ通うわけで、

予習していたら学ぶ必要がないのではないか!?という

考えを昔持っていたからです。

予備校に行ったときも、同様の考えを持っていました。

4)苦手な教科を学ばなければならなかった

理系と文系の選択は辛かったです。当時の学校の成績だけで選んでしまい私は

後悔しました。

物理や化学がまったく受け付けなかったのです。

にも関わらず、文系に移ることは許されず、いやいや勉強しなければ

なりませんでした。

これがとても辛かったです。

5)学校の体制に反対だった

今思うと、いつも何かに反発していた気がします。

小学生の時は地元のガキ大将に対して

中学生の時は...特になかったです。

高校生の時は学校の体制に対して

大学は部活の監督に対して

社会人は上司に対して

おかげでそれぞれがパワーになっていたような気もします。

高校の時は、パワーにならずむしろマイナスの方向に導いてました。

6)先取りしすぎた

最近一年早く先取り勉強をさせている学校が増えていると聴きますが

その年齢その年齢にあわせた知識のつめこみが必要ではないかと

思っております。

私が高校の時、それこそ私が大学へ行ったときの2年生の英文科が使う教科書を

高校一年で使わされました。

自分は何て英語が出来ないんだろうと自信喪失に繋がりました。

また、熱心な先生が多く、授業の5分前に来て、授業チャイムなってから5分後に終わって

ました。トイレ休憩30秒だけ許してもらえるという環境が許せませんでした。

早弁したかった私は授業を抜けて食堂に行き、いつもおばちゃんに叱られてました。



今にして思うと、知識は教えてくれてもそれ以外の大事な部分が高校時代に学べなかった

という感じです。

それが私の高校時代をつまらなくし、授業を脱落させたのだと思います。

予備校に通ってから、授業についていけないということはなく

劇的に成績が上がったことなどから(むしろ高校時代より勉強していないのに)

成功体験の積ませ方、勉強の仕方、競争のさせ方など、知識以外の部分をうまく

使いながら教育していかないと人は育たないのだとも思いました。


さて現在私は企業の研修をしておりますが、同様のことが言えます。

いくら良い研修をうけさせても、その土俵がなければついていけないのです。

その土俵作りをしっかりと行ったうえで、知識共有をすべきではないかと

思います。

どの土俵作りは私の実体験の元にお伝えできます。


企業研修でお困りであればぜひお声掛け下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年05月31日(月)

丸を四角に

テーマ:ビジネス
一生に一度の贈り物は豪華に宅配便 月寒あんぱん詰合せ 0005

¥3,300
楽天
※モバイル非対応

あんぱんがスティック状に。


日経新聞を見ていて驚きました。

普通のアンパンの形状を変え、食べやすくし、食べ歩きが可能な状態を作り出しております。

これだといろいろなものに応用できそうです。


アイディア勝負ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月31日(月)

初めての

テーマ:ブログ
実は富山の祭りにいつたことがこれまでありませんでした

ということで様子を見に
photo:01



photo:02



ここの通りは普段は閑散としていますが今日だけは違ってました

photo:03



いつもからは考えられないくらいの人です
photo:04



普段からこれくらいの人が集まればもっと富山が発展するのですが、、、

photo:05




その日お客が取られるお店は必死です

しかし必死なお店はありませんでした


顧客獲得のためなにかキャンペーン的なことをしているお店は皆無でどこもらしかたないと諦めてます

私はこういう時だからこそ何か手を打ち顧客を呼ぶべきだと思いました

いくつかのお店で話をしましたが特に何か手をうつているワケではありませんでした
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月30日(日)

ニーズに応える

テーマ:ブログ
相手がまた話したいと思うのはニーズに答えているか次第で決まります

相手のニーズに答えていると嬉しくなりまた話したくなります

しかし人は自分の話ばかりしたくなりニーズを無視することがあります

しっかり関係構築するまでは大事な作業です



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月30日(日)

世界で最も危険な国

テーマ:ブログ
世界で最も危険な国といえばどこでしょうか?

1位:ドミニカ(ドミニカ共和国と違います)
2位:ニュージーランド
3位:フィンランド

だそうです。

$世界人材流動化計画-1

1000人あたりの犯罪件数を表したものです。

もちろん都市ランキングなどで行けば、また違ってきます。

あくまでも国あたりのお話しです。


ニュージーランド、フィンランドとか意外ですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

【世界人材流動化計画】がメルマガになりました
メルマガ登録・解除
 
r09さんの読書メーター
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。