1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年01月31日(土)

歴史は現代から始まる

テーマ:インプット

現在過去未来~と昔の歌にあったように、歴史は過去から見ていくのではなく、現在から過去へ遡り未来を考えるのが本物の歴史の学び方だそうです。


本日、とある研究所の方の講演を聞きました。


確かに考えてみれば、歴史の勉強は過去から始めます。

過去から、今がどう出来ているのかと考えがちです。

しかし、現在を見て、なぜそうなったかと逆に考えて行っても良いのかもしれません。


そう見ることで、見え方が違ってくるのかもしれませんね。



昭和初期、100年後(50年後?)の未来はどうなるのか?という予想を各新聞でしたところ、とある新聞の予想がほとんど当たっていたそうです。その予想とは、読者に「100年後(50年後?)どういう社会だったらよいですか?」と聞いたらその内容がほとんど今現在あるような社会だったようです。


ホ○ダが、「車を走らせることで街をきれいにしよう」と宣言をし、そういった開発に取り組んでおります。

売上ありきではなく、どういう社会を作りたいか。そこから考えることで、我々の行動が違ってきますし、またそういった思いが、未来を作るのだと思います。


一時期、第二の東京タワーができるということが予言されていたとされていうことでニュースになってましたが、ここから考えると当然なんです。


我々がありたい姿。そこにこそ、我々の未来が待っているからです。



************************

人気ブログランキング2つ始めました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

お陰さまで上位に位置することができました。

引き続き、よろしくお願いいたします。
世界人材流動化計画-link 人気ブログランキングへ
世界人材流動化計画-blogrank ビジネスブログ100選へ
************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年01月30日(金)

1の力を10倍にするアライアンス仕事術

テーマ:講演会

実はこのブログを書くのが本日3回目です。


どういうことかというと入力中に画面が遷移してしまい(ノートPCなので勝手に動いてしまうのです)、書き直しになってしまいました。


書きながら少しずつコピーしていくようにします。



**************************


一人の力は限界があります。


だからこそ他の人の力を借りる必要があります。


しかし人は自分の得にならないことはしません。


ということは逆に相手に得したなと思ってもらわなければなりません。


相手が得だと思うのは、自分が欲していることを応えてくれるとき。


欲してくれることを応えるというのは、相手の課題や悩みを解決すること。



つまり相手の課題や悩みを解決できるようにこちらから与えてあげるようにすれば、人は得したと思い、期待感や快適さ、楽しさを感じて協力してくれるようになるのです。


相手の欲していることを知るためには、相手のことを知らなければなりません。

初対面の人であれば

1.ブログをチェック

2.HPをチェック

3.会社をチェック

4.業界をチェック

5.株価をチェック

などをし、相手の情報を仕入れ、質問を想定します。

また相手のことを知ります。その上で相手の課題を引き出すうのです。


ギブ&ギブ&ギブをすれば最後にはちゃんと帰ってきます。


まずは自分からギブしてみましょう。


************************

人気ブログランキング2つ始めました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

お陰さまで上位に位置することができました。

引き続き、よろしくお願いいたします。
世界人材流動化計画-link 人気ブログランキングへ
世界人材流動化計画-blogrank ビジネスブログ100選へ
************************

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年01月29日(木)

なぜ居酒屋のランチは安いの?

テーマ:ビジネス

居酒屋で始めたランチ。


結構激安だったりします。


なぜこんなに安いのだろうと思いませんか?


果たして儲かるのか?



実は経済用語で「機会費用」というものが関連しております。



もともと居酒屋は夜しかやりませんから、昼は眠ってしまっています。

設備費は使わない昼もかかっているのです。


店の店長が一人でやれる範囲でランチを提供すれば、機会費用は

ゼロとなり設備費と人件費がかからないのです。


食材コストや光熱費とある程度の利益が確保できれば、儲かると

いえるのです。

だから安く提供できるのですね。





世界人材流動化計画-tyoi
※昼間、弁当を売っているお店ですが夜はちょい飲み居酒屋へ

変身。設備費の機会費用がゼロなのですね。


************************

人気ブログランキング2つ始めました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

お陰さまで上位に位置することができました。

引き続き、よろしくお願いいたします。
世界人材流動化計画-link 人気ブログランキングへ
世界人材流動化計画-blogrank ビジネスブログ100選へ
************************



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月28日(水)

不況に負けない女性のキャリア戦略

テーマ:講演会

昨日、「 不況に負けない女性のキャリア戦略」の講演をしてきました。



世界人材流動化計画-joseikouza
※私が出ていない写真なので、後日変える予定です(笑)


私の講演は「現在の転職市場の実態」について。

ここでは説明をしませんが、全体を通して伝えたのは


選択できる状況を作る


ということ。


選択肢が多い状態になれば、不況下になっても乗り切れる可能性が高い。


選択肢が多い状況を作り出すには、自分の強みをしっかりと理解して、それを伸ばすようにする。


などなどをお話しました。



さて印象的だったのが、質問。

「これまでの仕事の中で挫折を感じたとき、どのようにして乗り越えたか?」



それに対しての私の意見。(挫折の乗り越え方は人それぞれ。あくまでも私の意見)


「私が挫折を感じたのは、親会社への出向に行ったとき。

自分で望んで言ったのですが、挫折を味わいました。

これまで営業現場にずっといて、営業には自信を持ってきました。

また、当時は支社長として30人強の人間のマネジメントを行ってました。

その中で、『営業⇒企画スタッフ』『子会社⇒親会社(社風が違う)』『支社長⇒1スタッフ』

という三つの壁がありました。

まったく違う環境ということもあり、仕事もまったくできず。

新人に近い人にまで駄目出しをされる毎日。


それもそのはずだったのです。その変化の中で、周りの人と同じ土俵で勝負しようとしたのです。

まったく経験がない中で、いくら新人とはいえ、経験は私よりもずっとある。勝てるはずがないのです。


そこで考えたのが、比較優位。


自分が何で勝負すれば人よりも優位に立てるのか。



そうなんです。比較優位というのは誰でも必ず誰かよりも優位に立てるということ。



私は社内の人と仲良くなるのが得意としており、社内のほとんどの人と仲良くなりました。

スタッフ職というのは社内人脈が重要です。社内の人とつながっていると、いろいろとうまくいきます。

そこで私は他の人よりも圧倒的に優位に立ったのです。


挫折というのは自分が思うようにできないときに起きるもの。


自分が思うようにできれば、挫折感はなくなります。


まさに、自分の比較優位を考え挫折感を味合わないようにしたのです。




比較優位というのは変わるものです。


かつて日本が電化製品をつくるということに比較優位がありましたが、現在はアジア圏にそれが奪われています。

比較優位は変化するものなのです。


************************

人気ブログランキング2つ始めました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

お陰さまで上位に位置することができました。

引き続き、よろしくお願いいたします。
世界人材流動化計画-link 人気ブログランキングへ
世界人材流動化計画-blogrank ビジネスブログ100選へ
************************






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年01月27日(火)

本日のお薦めは?

テーマ:ビジネス

最近居酒屋に行くと、メニューが豊富で、選ぶのに困ってしまいます。


私は即決型なので、もともと頼むものを決めており、それを居酒屋では言うだけ。

頼むのも来るのも早い反面、その店のおいしい食べ物に行きつけないことが多々あります。


普通の方はそんなことをせず、メニューをじっくりと見て、良いものを選び場合によっては店員にお勧めを聞いて頼んだりします。


しかしちょっと考えてみてください。


味や新鮮さを売りにしている店やすべてがすべてこの限りではありませんが店側の立場で考えてみると、このお薦めはどういう意味かが見えてきます。(全部が全部ではないので注意)


なぜお店はお薦めをするのか?


その日とれた新鮮な魚や野菜、鮮度を失わない間にお届けしたい。

そういう意味でのお薦めはわかります。

また、その店のブランドとなるような食べ物もお薦めというのはわかります。


しかしそうでない場合のお薦めはどういうことなんでしょうか?




ある時、とある喫茶店に入ったとき、やたら店員がチーズケーキを薦めてきました。


私自身は、チョコレートケーキを食べたかったので反対したのですがその後何度も何度もしつこく薦めてきました。


何だろうと思ってふと目をやると、厨房の近くに

「今週チーズケーキ強化週間。1日50個売る。必ず提案を」

と貼られていました。


なるほど、店で売りたい商品がチーズケーキだったのだな。

ということが分かりました。

(そもそも見える位置にあるのがどうかと思いますが)


また、あるお店に入ったとき

『店長のお任せコロッケ』というのがありました。

なんか面白いネーミングだし、おいしいそうなので頼みました。

後日、そのお店の社長(店頭ではなく)とお話しする機会があり、話を聞いたところ

「お任せコロッケというのは、前日の売れ残りを詰めてコロッケにしたものだよ。コロッケとかカツとかにするともの持ちが良いんだよ」

と言ってくれました。


食べられないわけではないですから、企業側の視点からいうと確かにそうなんでしょうね。



ある喫茶店での『本日のコーヒー』は売れ残りとか言われたりもします。



ついつい消費者目線で考えると、うれしいご提案ですがなぜ企業がそういう提案をするのか?

そんな視点で考えると見える世界が違ってくると思います。


皆様も「本日のお薦め」を見た時、それがどういう『お薦め』なのか見極めて見てください。


************************

人気ブログランキング2つ始めました。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

お陰さまで上位に位置することができました。

引き続き、よろしくお願いいたします。
世界人材流動化計画-link 人気ブログランキングへ
世界人材流動化計画-blogrank ビジネスブログ100選へ
************************



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

【世界人材流動化計画】がメルマガになりました
メルマガ登録・解除
 
r09さんの読書メーター
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。