ささやかに

テーマ:

マネジャーと二人でランチ。きり の大好物を食べて、ささやかなきり の退院祝いといったところ。


「店の人が嫌がるから、撮るんじゃない!」と怒られながら、一発勝負でパチリ、ですわ。



トンカツの上に、ネギと大根おろしが盛り上がって乗ってます♪




ここは、きり にとっては、懐かしい「トンカツ店」です。


東日本大震災では、津波で大きな被害を受けました。



きり は、震災の二年前の3月に、ホール係を辞めていたのですが、被害を心配して行ってみると、無人の店の通用口に貼り紙があって、従業員の安否が書かれていました。



その中に、「きり-ちゃん無事です」の一行もありました。


それを目にした時と、店の再開の時は、泣けて泣けて仕方がなかったものでした。



ソフトドリンクがサービスで出てきたのは、どなたのご配慮だったのでしょうか。
AD
連夜のオリンピック観戦で、昨夜あたりから、


体がダルくて、もう起きている馬力がありませーん。


昨夜は、あと少しで「錦織圭選手」登場というところで、


彼が銅メダルを首に掛けている姿を強くイメージして、寝てしまいました。


お昼寝もしたんですが、今夜も11時で限界が来ました。


明日からきり は、丸二晩、強制的に夜9時半消灯という世界に行きます。


きり の姿が消えたということで、


少しは「オリンピック観戦業界、及びブログ業界」は静かになって、


皆さまも多分、安らかに眠れるのではないかと思います。



なーんてね、


タダの「白内障の手術」なんですけども。


でも「緑内障」との合併症で「白内障」だけを手術するという、


人類史上例を見ない、きり の症例(か?)


なので町医者にサジを投げられ、大学病院に送り込まれたのです。



ピッカピカの新品の目にならないまでも、先生方は執刀経験が豊富なので


「すべてお任せ~~」の心境です。


トンボの目玉で、練習した通りにお願いします、センセ!
AD

黒い狼




いただきましたわよ、アメーバから

「鎖につながれた、黒い狼」を。



・・・・・・



「熊よけ」かな?



さて、大学病院から、待望の入院日の知らせが入りました。



執刀医のお盆休み明けで、前回の「右目手術」から、実に一か月半です。



「入院するけど、いろいろとゴメンネ」と、一応マネジャーに仁義をきりました。



すると・・



「・・退院してゴメンネ、と言ってほしいよ」とマネジャー。



「帰って来ると、又うるさくて叶わないから」って。



行ったきり、戻って来なくていいらしい・・・




それにしては「朝はナニ食べたらいいの?」と聞いてましたね、前回は。



「恒例夏の飲み会」と「温泉旅行」の間に、ちょうどいい頃合いで



「眼科手術」が収まり、大いなる何かに感謝いたしました。



行ったきりなら幸せになるがいいさ~♪と



思わず鼻歌も出ようというものです。


(ジュリーーーッ)



/strong>
今年も、岩手県の奥中山にキャンプに出掛けることになったウチのマネジャーですが、


現地から「テントは屋内に張って下さい」との連絡が前日に入りました。



「オヤジが出るんです」というのが理由でした。


「オヤジ」というのは「熊」のこと。


「熊出没」のニュースって、最近トンと聞かなくなりましたけど、


ここでは目撃されてるんですね。



ウチのマネジャーは「熊も夏休みだろうから」なんてのんきなことを言っていましたが、出没の可能性が大きいというのであれば、



西岳という千メートル超の山登りは、やめたほうがよくないのでは?



心配なので、出発前日の夜8時過ぎに、




きり も参加を決めました。



主催者にとってメイワクでしょうけど。



「火炎放射器を持参しています」という説明を笑って聞いていた参加者は



いざ現地に到着して、皆青ざめました。



「出没注意報」は「出没警報」へと変わっていて、町の中学生は



「昼間に3回見た」と言うのです。



・・生きて・・・



帰れるのだろうか・・・・



ま、運がよければ・・・・の話ですが。



こうして、サバイバルを賭けた戦いの火ぶたが切って落とされたのでありました。



なぜ行った?
きり・・

ひゅるるーん

最近、月日の流れの中に漂い、流されまくって生きているように感じます。


右目の手術から早や一か月。


心の準備をしていた7月中の左目の手術は、病院から連絡が


ついにありませんでした。


自分の頭の中での計画は、お盆過ぎになるかなというところですが、


人智を超えたところでの計画がきっとあるのでしょう・・と思っています。




2回目の入院が当面ナイ、ということは、


月末の「とんかつ定食会合」にも、お盆前の「恒例飲み会」にも


出られる~~☆というわけで、まずはよかったよかった。


(と、ウチのマネジャーが心で言っていました)



あとは、9月に決まった「ササキ先輩との温泉旅行」に、


術後何週間で行くことになるんだろうという心配だけ・・




まずは、すべて「時の流れの神様」に一任して、流されてみることに


致しましょう。


まさにどんぶらこっこ、どんぶらこと、予定と未定のはざまを


漂っている感じです。


手術は楽しみです。


前回みたいな不思議な事が、また起こるかも、っていう期待ね。


書こうかしら次回。


やめたほうがいかな・・






塩釜みなと祭

さっき、TVのニュースで見たばかりの

「塩釜みなと祭」が、どらさんの記事に、もうアップされています☆


当地ももう梅雨明けなんじゃないのお?くらいの素晴らしいお天気に恵まれました。


今夜の花火大会も楽しみです。


家の窓から見るつもりです。


どらさん、「みなと祭」の素敵な紹介記事、ありがとうございます。


迫力ある写真が撮れましたね。




フンドシ・・・お借りしましたっ。







ダウン
http://ameblo.jp/dora3399/entry-12181746163.html


へい☆毎度!

いつものことながら、何かというと、「一人騒ぎ」を演じる悪癖の持ち主、きり でございます。



先日の「小鳥のピーチャン」の件といい、今回の「アカウントアカン」事件といい、



「恋の一人騒ぎ」の顛末は、「なーんだぁ。。」という、つまらないオチになってしまいました。



あ、「アカウント」は、実はまだ「実証の結果」は出せていませんけど、



「メールの箱」は、ひょんなことから開けました~。読めましたあ☆



思い立って、メールのプロバイダーに電話してみたんです。



「10年前のメールのパスワードは、まだ生きていますか?」ってね。



そしたら、そこのホームページに誘導されて、「そこにあなたのメールが保存されていますから、読めるし発信もできますよ」というではありませんか。



これで本人確認のメールが読める。



「宙に浮いたアカウント」回復の希望にぐーんと近づきました。



でもアカウントなんて、そういうの急がないし要らないので、まずはメールチェックが先、でした。



知ってました?プロバイダーに保存されていて、そこのフォームから個人の送受信もできるってこと。



迷惑メールにこちらの名前が使われていたとしても、潔白を証明してもらえるってコトですね。




アカウント回復については、気が向いたらまたトライしてみるかもしれません。



基本、インターネットが出来て、メールが開通して、



ピグが出来ればいいんです、ワタクシ。



どうも、皆さま。



毎度おさがわせ・・じゃない・・おさわがせ、相済みませんでした。




同期・・かい?

パソコンを新しくしてから、3週間が経ちました。



が・・


未だに「メール」が開通致しませ~~~~ん。



いろんな「パスワード」を要求されているうちに、間違えたみたいで、


訂正したいのだけれど・・・出来まっせ~~~ん。



「同期していません」と表示されて、「受信発信」どれもダメです。



既存のメルアドにこだわって、削除と追加を繰り返していたら、



わたしの「アカウント」は宙に浮いてしまいました。



「すでに登録されている」と出るのに「見当たらない」とも出てしまう・・


ウエブで「修復の仕方」とか「よくある質問」も読みましたが、メゲますね。


これでダメなら、ああしてこうして・・・


だんだん複雑になって行く。



プロには「メール設定、費用5万」と言われました。



そんなにグチャグチャ?



意地でも自分でやるわっ(怒)



ここのところ一人で奮闘していますが、一旦登録をクリアにできないものでしょうか、



マイクロソフトさん。。(泣)





「同期」と言えば、月末の予定が「同期会の実行委員会」・・



直前にもう一回「目の手術」をする予定なので、夜の外出が心配で、少し動悸がしています。



(例のとんかつ屋での会合の中身はともかく)



食べたいですもん、「とんかつ定食」



動機不純ですネ(笑)



シリトリ

先日、人生4度目の入院をしました。


先の2回は「出産」でしたから、病気入院は2度目となります。


術後の傷はキレイにくっついたというのですが、なんというか、無意識に、ついうっかりと、


「術後の目」に手をやってしまうのですね・・・


その度に、目の中に異物が入ったような感覚があって、反省しています。


術後の「安静」「静養」「養生」という「シリトリ」のような「大義名分」を掲げて、


できるだけ横になっている毎日です。用心、用心。


パソコンやTVを眺めた後「さーて、夕飯のメニューは?」などと考えつつ


瞼をこすってしまったりするので、我ながら危なっかしく、あきれてしまいます。


近々、もう片方の目も手術予定で、順番を待たされています。


あ・・・そうそう、


トリと言えば・・・・前回の記事の「小鳥のピーチャン」・・



あれから間もなく帰宅した小6生によって、


「ピーチャン」は、天井に取り付けた「火災報知器」であることが判明いたしました。


火災報知器。


電池切れ、か?


トリに怯えるのは、「しゃっきんトリ」だけにしておこうと教訓を得ました。「