こんにちは

ツルカワです。


毎日そわそわしながら

どきどきしながら


ポストの中ならぬ

メールフォームを見ては

企画展のみなさまの応募を待つ日々です。


すでにご応募はいただいたみなさま

ありがとうございます…!


ちょっと今回はまだ出足がにぶいかなー…と

感じてもいますが

「わたし。展」のときも

そう思ってたら終盤「…!」という

展開だったのを思い出しました。


今回はどうかしら。


はー、どきどきがとまらない。


そんななか

昨日は

今週土曜日まで行われている


オケモト手仕事雑貨店 さんの

「オケモト蚤の市」

仕事の前に寄ったのです。


いやあ

あんなものこんなものが

お値打ち価格!





というか


「いいんですか?オケモトさん???」


という価格…で並んでいますからね…


逆に買い過ぎのキケンを感じる空間でした。


あれもほしいこれもほしいを

ぐっとこらえ

(仕事前だったので買い過ぎると

いろいろまずいという事情もありますが)


ひとまず


「ノスタルジア遊園地」の什器として

使えそうなものを物色。


それが上の写真の3点だったりします。


遊園地内のアイスクリーム売りが

使ってそうなワゴンとか





子ども心に響く

イラストが愛らしい

キャニスター(というんでしょうか)。


レトロ、かつ使い古された感が、味。



こちらは

ぶら下げてカードなどをつりさげるもの


ですが

一目見て

「観覧車みたい」と思い購入。


縦にして

足場を付ければそれっぽく

改造できそう。

(できるのか不器用女王ツルカワ!?)





それにしてもですね

もう什器探し、早ーい、と言われそうですが


実は什器探しは

今回の場合

早ければ早いほどいいかなと。


それがタイトルにあげたイメージの問題。


今回はまえにも書きましたように

テーマの縛りが強固だった前々回・前回にくらべ

イメージは作家さんに投げてる部分も多いのですが


とはいえツルカワも

ある程度イメージを持ってないと

公募してくださった方々の作品を

選ばせていただく(ほんと恐れ多いことながら…)際

迷走してしまうのですよね。


それで今回は什器探しを兼ねて

イメージをちょっとだけ、ですが

固める作業をしているわけです。


ぼーっとしていても

あ、これ使えそう、と無意識に手をしたものは

やはり意識下の展示のイメージに

沿っているはずですから。


あと什器だけでなく

ビジュアルで目に付いたものも

参考になりますね。


ことに今回は募集要項の画像に

使ってるこの写真。



アートツリー


これは、

2013年の関西ハンドメイド紀行で

展示を見る際に立ち寄った

大阪のクリスマスマーケットでの

メリーゴーランド。


見ての通り夜の写真ですが

闇の中キラキラ輝いて

ぐるぐる回るその様は

とても美しかったなあ。


オフィスビルの谷間での

マーケットだったので

会社帰りのサラリーマンたちが

子どものように見入ってた姿も

印象に残っています。


前に今回のテーマは「光と影」かな


と書きましたが

それはこのビジュアルから来てますね。


そうそう、タイトルもそう。


今回のタイトルには

三つの要素が含まれています。


読んで字のごとく


「ノスタルジア」


「遊園地」


「マナツノヨノユメ」


これらを結び付けるようなイメージ。

ツルカワの場合



今と昔


懐古と現在


子どもと大人


記憶と現実


夢と幻


…のような言葉が浮かびます。

対立するような

矛盾するような

言葉たち。


相反するもの。


そう、「光と影」もそうですね。



…うーん、書きすぎたかな。

あまり

ツルカワがどうのこうの云うと

これから公募なさる方が

やりにくいかもしれませんので…


このくらいにしておきますね。


…いろいろ書きましたが

あくまでイメージはイメージ。

企画展を作るのはみなさんの作品です。

ですから

本番のイメージを形作るのは

みなさんが主役。


いっしょに創り上げませんか?

ワクワクを共有しませんか?

真夏に生まれる6日間だけの遊園地。


では今日も

ご応募お待ちしていますね!


ツルカワでした。




AD