こんにちは

ツルカワです。


雪の朝です。

夫は雪かきをして

始発で出勤していきました…

仕事が気象に影響されるものなので。

ああ、ごくろうさま…。


さてその雪も溶けそうな勢いで

綴りますよー。

しつこいなあと言われそうですが…

しつこく叫んでおきましょう。


今日からですよ。

【PlumTree】第7回企画展

「ノスタルジア遊園地~マナツノヨノユメ~」の

作家さま公募期間!


いよいよスタートです。

はあどっきどき。


小心者(なんですよ!)ツルカワとしてはですね

誰かこの企画にご興味を持っていただけるでしょうか…

と、いつもこの日は、どきどきと不安が

交差して、あーー心臓に悪い。とひしひし感じるのですよ。


何回やっても

この日ばかりは…。


なので。

みなさん、よろしくお願いします。

31日までですよ。


しつこいついでに

念のためまた概要載せます…!

(下の画像に「16日のブログ参照…」と書いた意味がないですが…)



ノスタルジア遊園地バナー


企画展公募概要

■タイトル■
「ノスタルジア遊園地~マナツノヨノユメ~」


■開催期間■
2016年7月26日(火)~31日(日)


■会場■
GalleryKOMPIS(東京・都立大学)

HP http://gallery-kompis.com/


blog http://ameblo.jp/gallery-kompis/

※全スペースではなく、ギャラリーの1/2をお借りしての展示になります。


■作品テーマ■
幼い日の記憶に残る遊園地の光景。
きらきらメリーゴーランド・くるくるコーヒーカップ…
目を瞑れば、心に秘めた色鮮やかな思い出が今夜もよみがえる。
それは真夏の夜の夢…。


そんなイメージを喚起する作品をお待ちしています!


■参加条件■
・テーマに沿ったハンドメイドのオリジナル作品であること。ジャンルは問いません。
・パソコンでのメールのやり取りが可能であること。
・まず売らんかな、ではなく、
「ハンドメイドでひととものをつなぐ」という【Plum Tree】の理念を
なんとな~くご理解いただけていること。
・ご参加の際はホームページ・ブログ・Twitter・Facebook等で告知を積極的にお願いします。


■募集人数■
10名程度


■参加費■
6000円(DM作成費込)


■販売手数料■
10%
(今回、会場への手数料はございませんが、
企画手数料として売り上げの10%をPlumTreeが頂きます)


【その他】
■ 作品を置くスペース・作品数は参加人数によって変動しますので、決定後ご相談させてください。
■ 申し込み後のキャンセルは基本的にお受けしません。
■直接搬入・搬出が望ましいですが宅配での搬入・搬出もご相談ください。
その際の配送料は参加者さまのご負担になります。
■近隣店とお取引のある方は、そちらに了承を得てから応募してください。


■公募期間
2016年1/18(月)~1/31(日)


※審査がございます。
(店舗の雰囲気・お客様層等と、作品がマッチするかなど)。
審査の基準はご一任ください。
※いずれの場合も2月初旬までに参加可否のお返事を差し上げます。


■お申し込み方法■

メールにて下記必要事項を明記の上、
件名を「【Plum Tree】第7回企画展応募」としてお申し込みください。


1.作家名もしくはブランド名(フリガナ)
2.お名前(フリガナ)
3.住所・電話番号
4.メールアドレス
5.作品ジャンル
6.作品の参考写真3点
(ご参加いただくことになった際、DMやブログでのご紹介に使えるもの)
7.ご自身のブログやホームページアドレス
8.ハンドメイド作家として・またはご自身の作品へのこだわり
9. 今回の企画展でどんな作品を作りたいか
10.今回の企画展をどこで知ったか

メールアドレス cuba0307@gmail.com


※お申し込み後、1週間経過してもこちらから返信がない場合は
お手数ですが一度ご連絡ください。







…というわけですが…


ここでちょっとよもやま話していいですか?


実はこの企画、

けっこうイメージ、丸投げです。


前々回の「まよなかのウィンター・パーティ」は

ツルカワの物語縛り。


前回の「わたし。展」は

テーマがくっきり。


ですが今回は

「遊園地」というイメージがまず浮かび

それに

「ノスタルジア」という味付けをしてみて


で、夏の企画なのでサブタイトルつけて…。


という感じで

ツルカワのイメージはあまり固めないまま

立案、動き出しました。

なので

どんな作家さまが集まってくださるか、で、

どんな展示になるか決まってくると思います。


ふふふ。それが不安でもありますが

楽しみでもあり…。


とはいえ

お声がけもする以上

ちょっとは主催がイメージ持ってないと

ぶれますからね、考えてはいるのです。


それのイメージは…

ざっくりいうと「光と影」かしらん。


光と影。


相反するもの。


何故このイメージかは…

あまり今の時点で詳しく書きますと

ご応募くださる作家さまに

制約を与えてしまいますので


もうすこし後に、お伝えすることにしますね。


それでは、

みなさま、

何卒よろしくお願いしますー!


心臓バクバク、


ツルカワでした。







AD