こんにちは

ツルカワです。


さてさて始動開始の

【PlumTree】第7回企画展。


昨日のブログの告知は

お読みいただけたでしょうか。


会場・会期は伏せていましたが

これまた昨日、予約金もお支払いしたので…

それも今日、お知らせしちゃいましょうか。


会場は…

そう、こちらのブログでは

おなじみの


GalleryKOMPISさんです!


HP http://gallery-kompis.com/

blog http://ameblo.jp/gallery-kompis/


(全スペースでなく

ギャラリーの1/2をお借りしての展示となります)


そして

会期は7月26日(火)~31日(日)となります。


いやあ感慨深いです…。

KOMPISさんとは

このブログの当初よりお世話になり

いつか何かがご一緒にしたいと

ツルカワ常々思っていました…!


それがかないました。

それだけに、いい企画にしなきゃ!


…ということで、企画展の全詳細がそろいましたので

以下にまとめてお知らせしますね。


作家さま公募の概要でもあります。


それでは、どうぞ!



【PlumTree】第7回企画展「ノスタルジア遊園地~マナツノヨノユメ~」の

開催が決定しました。


お声がけのほかに、

参加希望の作家さまも募集しております。


希望される方は以下の概要をお読みください。


企画展公募概要

■タイトル■
「ノスタルジア遊園地~マナツノヨノユメ~」


■開催期間■
2016年7月26日(火)~31日(日)


■会場■
GalleryKOMPIS(東京・都立大学)

HP http://gallery-kompis.com/


blog http://ameblo.jp/gallery-kompis/

※全スペースではなく、ギャラリーの1/2をお借りしての展示になります。


■作品テーマ■
幼い日の記憶に残る遊園地の光景。
きらきらメリーゴーランド・くるくるコーヒーカップ…
目を瞑れば、心に秘めた色鮮やかな思い出が今夜もよみがえる。
それは真夏の夜の夢…。


そんなイメージを喚起する作品をお待ちしています!


■参加条件■
・テーマに沿ったハンドメイドのオリジナル作品であること。ジャンルは問いません。
・パソコンでのメールのやり取りが可能であること。
・まず売らんかな、ではなく、
「ハンドメイドでひととものをつなぐ」という【Plum Tree】の理念を
なんとな~くご理解いただけていること。
・ご参加の際はホームページ・ブログ・Twitter・Facebook等で告知を積極的にお願いします。


■募集人数■
10名程度


■参加費■
6000円(DM作成費込)


■販売手数料■
10%
(今回、会場への手数料はございませんが、
企画手数料として売り上げの10%をPlumTreeが頂きます)


【その他】
■ 作品を置くスペース・作品数は参加人数によって変動しますので、決定後ご相談させてください。
■ 申し込み後のキャンセルは基本的にお受けしません。
■直接搬入・搬出が望ましいですが宅配での搬入・搬出もご相談ください。
その際の配送料は参加者さまのご負担になります。
■近隣店とお取引のある方は、そちらに了承を得てから応募してください。


■公募期間
2016年1/18(月)~1/31(日)


※審査がございます。
(店舗の雰囲気・お客様層等と、作品がマッチするかなど)。
審査の基準はご一任ください。
※いずれの場合も2月初旬までに参加可否のお返事を差し上げます。


■お申し込み方法■

メールにて下記必要事項を明記の上、
件名を「【Plum Tree】第7回企画展応募」としてお申し込みください。


1.作家名もしくはブランド名(フリガナ)
2.お名前(フリガナ)
3.住所・電話番号
4.メールアドレス
5.作品ジャンル
6.作品の参考写真3点
(ご参加いただくことになった際、DMやブログでのご紹介に使えるもの)
7.ご自身のブログやホームページアドレス
8.ハンドメイド作家として・またはご自身の作品へのこだわり
9. 今回の企画展でどんな作品を作りたいか
10.今回の企画展をどこで知ったか

メールアドレス cuba0307@gmail.com


※お申し込み後、1週間経過してもこちらから返信がない場合は
お手数ですが一度ご連絡ください。




ノスタルジア遊園地バナー


以上です。


興味がある!と思いの方

参加したいなあとお思いの方


ふるってご応募下さいね。


楽しみにお待ち申し上げます。


募集は来週から1月いっぱい。

焦らなくとも大丈夫です。


でも、思い立ったが吉日

という勢いでご応募されるのも、いいかも。


…どっちなんだよ

ツルカワ!と言われそうですが

要は

どちらでも


皆さまとの出逢いが楽しみだということです。


よろしくお願いいたします。


ツルカワでした。





AD