こんにちは

ツルカワです。


今日は

前回に引き続き

東林間

TEA ROOM BURTONさんで

行われた


8人の作家さんによる

bouquet さんのイベントレポです!


前回も書きましたが

とにかく

空間と作品の共鳴が素晴らしい

イベントです。


こちらの一角なんか


「さあ、どれがお好き?ゆっくり召し上がってね」


という囁きが聞こえてきそう。



bouquet

カフェカーテン揺れる

窓辺に

さりげなく置かれた

アクセサリー。


光を浴びて

その個性はさらに引き立ちます。



bouquet


その場にいるだけで

うきうき

どきどき。


ことに女性にはたまらない

魅力を湛えた空間です。



bouquet

さて、bouquetさんは

8人の作家さんにて

形作られているのですが


この方はここ


というようなブース分けは

特にしていません。


bouquet


すべて

設営時に

持ち寄った作品を見て並べ


ひとつの空間を
創り上げていくとか。


それを知ると

アクセサリーや布小物など

さまざまな作家さんごとの

個性を持った作品が


まるでまえから

そこにあると決まっていたかのように

違和感なく並んでいるのは


すごい!と感じるツルカワです。



bouquet


ひとつの企画を

創り上げるにはたくさんの

パワーとエネルギーが必要で


それがまた違った個性の集合だと

ことさらの力が要ることは


僭越ながらツルカワも

実感しているところなので


華やかに咲いている

作品たちの向こうには

計り知れないほどの

ご苦労もあるのだろうなあと想像します。



bouquet


だけど

その努力をことさら感じさせず

咲きほこる作品たちがそこにはあります。


本物の植物も花開くときは一瞬ですが

そこに至るまで

長い長い時間を要しますよね。


そう考えると

考えすぎかもとも思いますが


bouquet=花束というネーミングにも

深いものがあるなあと。



bouquet


8人の作家さんの個性が詰め込まれた

花束のようなイベント。


それがbouquetなのですね。


コラボ作品なども

拝見しながら

そんなことを実感しました。



bouquet



そんな空間を去りがたく

ついつい

空いていた席にて

ホットサンドとバナナジュースを

オーダーしました。


美味しかったです。



bouquet



bouquet のみなさん

お写真有難うございました。


この空間と

この作家さんたちでしか

咲かなかったであろう花束の薫り


心にしっかり刻み込めた

しあわせなイベントでした。


次にはどんな花束が何処で咲くのか

楽しみにしています!


ツルカワでした。



AD

コメント(2)