こんにちは!

今回は、前回に続いて創作かんざし作家、


「かんざし檸檬」

檸檬さん


のインタビュー、後篇をお送りします!


前篇では、ご自身のかんざしの作りかたなど

詳しくお話しいただきました。

後篇では、檸檬さんとかんざし、そしてかんざしの魅力について

色々お聞きしてみましたよ!


では、どうぞ!




―檸檬さんはご自身のHPでかんざしの使い方などご紹介していますね。
ご自身もかんざしを日常、愛用しておられるのですか?


檸檬さん
はい、毎日使っています。
自分で作ったかんざしが多いですが、
研究と称して(笑)他の手作りのかんざしもつけます。


クセサリーのようなイメージで作っているので、
普段の洋服の時につけても違和感がないですし、
通りすがりの方に「素敵ですね」と
たまに呼び止められることがあって、とても嬉しいです。
その時は自分が作ったとは照れてしまって言えず、かんざしの良さだけお勧めしています。


きらめくあなたが、好きだから。-檸檬


(「龍の丸玉かんざし」丸い玉の部分も木で出来ています。龍も鱗一枚から手描きです)



―いいお話ですね!
通りすがりの方も、ご自身作のかんざしを使ってると知ったら
なおのこと檸檬さんを素敵だと感じるのではないでしょうか。


そんな檸檬さんは、かんざしの魅力をどうお考えですか?


檸檬さん
日本の伝統的なアクセサリーだということと、
床の間に飾っておくようなものではなく、
アクセサリーとして日常にも使えるところが魅力だと思います。



きらめくあなたが、好きだから。-檸檬


(「こけざし」こけしのかんざしです。顔もひとつひとつ手描きなので表情がそれぞれ違います)

―なるほど、実用性も兼ね備えたアクセサリーなのですね。
思えば、かんざしは、日本の女性が長く日常、
身につけてきたのですからその通りなのでしょうね。

ちなみにご趣味は?
それはかんざし作りに生きてますか?


檸檬さん
美術館に行ってアート観賞と本を読むことです。
家の近くに練馬区立美術館があるのでよく行っています。
アート観賞も読書も製作の糧となっています。



―ご近所に美術館ですか。それはうらやましいです。
きっとたくさんの刺激がつまっておられるのでしょう。
では、ご自分にとってかんざし作りとは?


檸檬さん
かけがえのないものです。
かんざしを通して知り合えた友人も多いですし、
販売でいろいろな場所に行けるのも楽しいです。
基本的に出不精なので、かんざしの販売がなければ
こんなに知らない土地に行かなかっただろうなあと思ったりします。


―本当に大切なものなんですね。
かんざしでこれから作っていきたいものはありますか?


檸檬さん
大作を作りたいです。
花魁が使っていたようなかんざしのセットや
物語を描いたかんざしのセットなど、アート的なものを構想中です。



―花魁…どんなイメージなのでしょう…?ワクワクしますね!
今年ならではかんざしのトレンドは?


檸檬さん
直接かんざしというわけではないのですが、
猛暑日が多いので、かんざしでまとめ髪&日傘がおすすめです。
まとめ髪にしてすっきりうなじを出すと体感温度もかなり下がります。



きらめくあなたが、好きだから。-檸檬

(「日傘とかんざし」まとめ髪と日傘で体感温度down!)


―たしかに暑い日が続きますね…。夏バテしそうですよね…。
「かんざしで乗り切ろう、日本の夏」というところでしょうか。


さて、ここからは定番の質問を。
街でご自分のかんざしを付けた人を見たらどうしますか?


檸檬さん
嬉しいですが、声をかける勇気がないので
遠巻きにニヤニヤ見つめると思います…あやしいですね…。



―ありがとうございます。それではもう一問。
もし、何らかの事情でかんざしが作れなくなったらどうしますか?


檸檬さん
物を作るのは好きなので、何か別の形で表現していくと思います。
とはいえ、かんざしからは離れられないと思うので、
別の形でもかんざしに関連あるものを作るのかなと思います。



―意地悪な質問をすみませんでした。
でも、本当にかんざしがお好きなんですね。お気持ちが伝わってきました。


最後に、これを読んでらっしゃる方へのメッセージなどありましたらどうぞ!


檸檬さん
かんざしはそれ一本だけで髪をまとめることができます。
使い方が檸檬のサイトに載っていますので、
ぜひチャレンジしてみてください!



―…ありがとうございました!



どうでしたか?

檸檬さんのかんざしへの想い、伝わりましたでしょうか?


そして私は今、日本女性として…
髪を切ったことを深く後悔しています…。


よし、今度、髪を伸ばしたら、かんざしにチャレンジ、するぞ!


そんな決意を抱いた私です…。
だって、アクセサリーがすごい好きなのに
自分の国のアクセサリーを身につけられないのって
とってももったいないことではないですか。


…みなさんも、かんざし、チャレンジしてみませんか?


改めまして、檸檬さん、ありがとうございました!




■檸檬(れもん)さん プロフィール■
1978年岡山生まれ。現在、東京在住。
2006年より「かんざし檸檬」を屋号として、
かんざしを中心に木を使い製作・販売を始める。
「アクセサリーのように毎日使える 木を使ったハンドメイドのかんざし」
がコンセプト。
アートイベントや百貨店を中心に活動中。


http://lemon.hariko.com/




繋がれ、集まれ、ここに集まったみんな!


一期一会じゃもったいない。


よろしかったらクリックを。ツルカワにパワーがチャージされますっ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD