2017/11/17

テーマ:

銀次くんとウィーラー大魔王がベストナインに!来年は2人で首位打者、本塁打王&打点王となれば良いね。

 

さて、まだ正式発表になってはいないが、渡辺直人くんの復帰が決定。これは「戦力外になったから拾ってあげる」という温情的なものではなく、イーグルスにとって実に良い補強であると思う。

 

手薄な内野、左投手に弱い、そしてズルズルといってしまう「連敗体質」。。。今のイーグルスの課題を克服するためのうってつけの人材ではないか。コンディションは気になるが、チーム状況が苦しいときの精神的支柱となってくれることを期待したい。

 

梨田監督の「切り替えていくしかない。」。。。が聞かれなくなる様、「我らの直人」にはチームを支えて欲しい。

 

それにしても、稼頭央さんは西武ユニが似合うな汗イーグルスでは十分すぎる活躍をしてくれたので、あとは本人のお好きなように。。。


{209E3F1F-CCDF-432A-AD3C-141863F498D5}

もう秋も終わりだ。。。雪
AD

2017/11/09

テーマ:

銀次くんがゴールデングラブ賞 祝

 

他に上手い選手はいないのか。。。笑

 

秋季キャンプでは機動力向上に力を入れているようだ。新任の清水コーチが言うように、失敗を恐れずに積極的に走れるようになって欲しい。盗塁数を劇的に増やすことは難しいだろうが、勝負をかけた走塁がもっと出るようになればと思う。好走塁と暴走は紙一重とは言うが、たとえば2死の場合や、打って攻略するのが難しい相手投手であれば無理をしても良いだろう。

 

いつだったか、アウトのタイミングにも関わらず、タケローくんが絶妙スライディングでホームインしたが、仮にアウトであってもあれはOKだ。時には「九死に一生」もあり。ホークスを倒すためには必要なことだ。

 

2年前の超機動力野球とは名ばかりの、「神風特攻」(十死にゼロ生)は勘弁だが、せめて2007年~2009年くらいの機動力は欲しい。そのときを知る高須&塩川コーチの指導にも期待だ。


{226E435C-BF7F-4888-9A60-07D50126A359}

{5200192F-9885-45A5-9751-26AF3B95F1A8}

{677B0EDE-0EF5-4894-B977-3930C7A44B06}

{9A0160B5-D015-4718-912F-C70ADA48F5FC}

{CD425084-2224-4C32-B33A-DCDEE042A8BA}

{40B1BEFC-1478-4DE9-87F4-FCF7FD20D8E7}

「紅葉いこうよう。」で、日曜日に行ってきた平泉。中尊寺、毛越寺、達谷窟毘沙門堂。良いタイミングで行くことができたもみじ

AD

2017/11/05

テーマ:
平石くんがヘッドコーチってことは、次期監督かなはてなマークまずは作戦面で力を発揮して欲しい。

池山さんは2軍監督、与田さんは2軍コーチだが、特に与田さんの指導力には期待したい。以前、安楽くんからフォームに関して質問攻めにされていたが、とても的確に答えていた。選手にとってコミュニケーションが取りやすい存在でもあるようだ。

それと日本シリーズだが、やはり最後は福田くんの揺さぶりが効いたのではないか。明らかにエスコバーくんが投げ急いで制球を乱していた。打者と走者が2人がかりで相手投手を崩す。。。来季のイーグルスもそんな野球が出来ればと思う。

{03283CE5-625B-41F2-AD14-CE1A1F70BC58}

{5EC130AC-A2FE-432D-BDCA-4F5003D2F7DC}

旭川ダム公園(北海道じゃないよあせる

{B4DA5D70-4CFD-4BE3-8CAA-633F846CA094}

{E2C6EC1E-0734-41A7-8E0D-B97989D22348}

{29C7018A-91CB-48B3-88F5-B6B86E405939}

コチラは千秋公園。

で、今日は平泉へ「紅葉行こうよう」してきた。写真は後ほど。
AD

2017/10/27

テーマ:

ドラ1の近藤くんは、いわゆる荒削りタイプだそう。山本昌さんが言うには、「踏み出す左足がアウトステップし、腰が回りきる前に左肩が開いてしまう。そのためにシュート回転しやすい。」とのこと。フォームの改善が必要なピッチャーのようだ。

 

2位の岩見くんは和製アマダー、和製バレンティンと言われているが、確かにフォームが似ている。山崎武司さんの解説によると、「上半身と下半身のバランスが良い。足を上げたときにトップの位置がしっかり固まっている。」のだそう。イーグルスは右の大砲がなかなか育たない。中川、内田、フェルナンド。。。みんな変化球に体が突っ込んでしまうが、岩見くんは果たして?

 

それと、西巻くんを獲れたことが嬉しい。センス抜群で、投げても145キロくらい出るはず。平沢くんを逃した分をチャラにできるかもしれない。

 

で、同じイーグルスジュニア出身、仙台育英のエース長谷川くんは指名漏れ。地元秋田のTDKでプレーすることになりそうだ。3年後に期待。

 

簡単だけどドラフトに関してでした。

 

そしてそして、なんと稼頭央さんと渡辺直人くんが「トレード!?」(←みたいなもの)直人くんには、また「エロい打撃」を見せて欲しいものだ。稼頭央さんにも、もう一花咲かせて欲しい。


{E86253AE-2194-4522-A143-7426BF97209E}

{E4BB61AE-1866-4923-BA31-5CE2266E2970}

紅葉、みなさんのところはどんな感じですか?


鳴子峡に行きたいけど、混むだろうな。。。

2017/10/22

テーマ:

2017年楽天イーグルスの戦いが終了。やはりホークスの壁は厚かった。

 

最後は力の差がはっきりと出たと思う。ホークスは待機中であった城所くんが活躍すれば、柳田くんも最後に仕事をした。リリーフ陣も磐石であった。そして攻撃の豊富なバリエーション。中でも、全てを変えられてしまった中村晃くんの勝ち越し2ランが象徴的であった。

 

サブちゃんの投げた球は悪くなかったが、右足をベース寄りに思いっきり踏み込まれた。完全に狙われていた。

 

イーグルスバッテリーとしては終盤であるため、1塁走者の福田くんを絶対に2塁へ進ませたくなかった。したがって、どうしても緩い球は使いにくい。また、左打者だから右方向へ打たれたくない。したがって、インコースも使いにくい。アウトコースの速い球以外に選択肢は無かったのだろう。

 

牽制もしっかり入れたが、結果は最悪。。。福田くんは走らずして、イーグルスバッテリーを「機動破壊」することに成功。中村晃&福田の共同作業によってやられてしまった。

 

一方のイーグルスは走者が出ても、ほとんどのケースであっさりバント。いやらしい攻めが出来ずに終わってしまった。やはり打つだけ、送るだけではダメ。エンドラン、スチール、一か八かの走塁といったハイリスクな攻めもしなくては強大な敵には勝てない。

 

ただ、まあここまで良くやったとは思う。ジェットコースターのような2017シーズンであったが、最後は盛り上がったのだからヨシとしよう。お疲れ様でした。


{D99680BF-EE48-436A-A958-F47E0FC963A1}

紅葉が見頃〜


まーくんもお疲れ様でした。