アクセスアップ ブログ&Webマーケティング by R-FREEMAN

ブログのアクセスアップを効果的におこないカテゴリーランキングを上手に利用すると広報力や拡散力が強烈にあがります!
Webマーケティングには必須のアクセスアップをご紹介!
その他面白そうな情報や、日常の事、紹介依頼された記事などを公開していきます!


テーマ:

どもども(›´ω`‹ )忙しくて全然更新出来てないR-FREEMANですっ!

 

いや…ほんと…なんとか休みたいのですが、やる事が多過ぎて朝から晩まで一人ブラック企業ですw

スポット的なスタッフさんをお願いしている方が数名いるだけで、社長が私、社員、作業員が私ですから自分が作業しなきゃ食っていけませんからねw

今後の事を考えると人材を募って仕事を手伝って頂けるスタッフさんを育成してって形が良いのかなぁ?とも最近切実に考える様に(`-`;

 

折角メッセージとか送って頂いてる方々にも御返事書けなくてスイマセン(`-`;

何か緊急でしたらTwitterFacebookの方までにご連絡下さいm(_ _)m

 

今日はちょっと用事でお役所関係や銀行等を回らなければいけなかったので、最低限管理しなければならない作業以外は思い切ってお休みしました。

 

普段一人でウーンウーン言いながら必死で仕事してるだけに大変だとは感じるのですが収入を考えれば遣り甲斐も有り楽しいお仕事だとも感じます。

 

でも世の中には努力の甲斐も無く低賃金で長時間、牛馬の如くコキ使われ、時には暴言や暴力に耐えながら所謂ブラック企業と呼ばれる所で頑張らざるを得ない状況の方々も沢山いらっしゃいますね。

 

私もその昔はそうでした。

ブラック企業なんてレベルではありません。

前述した記事の通り、自業自得な物ではありますが所謂自称アウトローな人達に長い年月に渡り散々な目に遭わされました。

 

お金も貰えずに日々暴言と暴力に耐え、パニック障害(PD)や鬱病など各種不安障害を抱えた発作の頻発する身体で毎日を「消えたい」と縁起でもない思いに駆られながら必死に奴隷をやってきました。

 

助け出される寸前にネットに自分の遺志を残しておきたいと宛名の無いメールに思いを吐き出した時は正気から少し離れていた様に思えます。

 

だからこそ現在の恵まれた環境、守る大切な家族が笑顔で私を包み込んでくれる幸福に感謝しながら生きています。

 

何かしらの自分の人生にとって、幸せにとって障害になる物がある方は逃げて良いのです。

「逃げる」と言う言葉が背徳感を煽るだけで、それは正常な一つの「判断」なだけです。

法律に相談しましょう!

警察に相談しましょう!

自分を許し解き放ってあげて下さい!

 

貴方が我慢している事は、結局はでしか無いのです。

 

もし燻った解決への希望、渇望を具現化する助けになればと一冊の本を紹介したいと思います。

 

毒からの解脱 ー毒親・DV・ブラック企業とゲシュタルト療法ー

助けになる一冊となる事でしょう。

 

私は著者である吉田 彩 先生の著書には本当に救われていて、正直人生の教科書とも思いながら読んでいます。

 

抱えてしまった精神障害の事、周囲の環境が自分自身に与えている影響、ストレスの軽減やそれ自体を無くしてしまう方法。

とても胸に沁みました。

 

------------------------------------


「毒からの解脱 ー毒親・DV・ブラック企業とゲシュタルト療法ー」

kindle版は既に発売中ですのですぐに読めます!

期間限定のキャンペーンの0円表示ですが、現在はkindle版308円で販売されていますね。

私も今回ipadのkindleアプリで電子版を読みました。

 

10月3日に紙版出版予定があるそうで予価1500円程だそうです。

電子書籍はなんか目とか頭痛くなる(›´ω`‹ )って方は紙版で是非読んで下さい。


「毒親から如何に逃げるか」、また「何故毒親になったのか」、「自分に自信を持つためには」、「ブラック会社からどう逃れるか」、「DVはどうやめられるか」といったあらゆる悩みに対処する本です。

 

吉田先生はこう仰ります。


 この本を書くに至ったのは、「毒親?いや家出れば良いじゃん、what else?」というだけじゃ済まないんだろうなあと思って、想像してどうしてなんだろうって解明したかったからです。
そして「解脱」がテーマだからいかに離れるかっていう話を書きました。


様々な毒の猛威に負けている人が沢山いるから、そんな人の少しでも役に立ちたいと思って「毒からの解脱」を書くに至りました。


「仕事をしていないと不安だけれども、仕事をするのも嫌。」(まさにそうです)
「いっそのこと死のうとした。でも死ねない。」(まさにそうなんです)


「もう十分私は頑張った。これ以上望まない。『あー、こんなことをしなくてもよかったのに』と後悔するのではなく、『これもまた私の人生』と今を受け入れる。


自分の今のコミュニケーション能力で良い。

自分が今のコミュニケーション能力しか持てないでいるのには、育った環境とか、それなりの理由がある。」


「うつ病になるような執着性格者は、だれにも守ってもらった体験がない。真面目にしている以外に自分を守る方法がない。

 

人を信じられない。

 

だから人と打ち解けない。


小さい頃から自分の事を言えなかった。そして相手に合わせてきた。

うつになる人もいれば、家庭内暴力に走る人もいる。」(うわあ、まさにそうなってしまったわ)


「いつも何かに怯えている。

そうして人が自分をどう思っているかが気になってしょうがない。

しかし自分の意志を伝達し、自分の意志と力で自分を守ろうとすれば、怯えがなくなる。


『自分を守る』とは、他人とコミュニケーションする事であり、自己実現する事であり、好きなことを見つけることである。」


これまで沢山人に出会ったが、沢山「捨てて」きた。

大切な人さえいれば良い。

誰からにでも好かれる訳ではない。
弱者が戦い、強くなるとその人の人生は素晴らしいものになり、豊穣な人生が待っている。

乗り越えた苦難の量だけ豊かな人生になる。

少年ジャ○プっぽいけど。


天から与えられた才能や可能性を、最大限に使って生きるのが人の責任である。


------------------------------------

 

【著者】吉田彩(よしだあや)
【あらすじ】
 「毒親からの解脱」:小さい頃から絵理と僕は親と一緒に居るのが息苦しく、何をするにも干渉された。お互い一緒に住み始めると絵理は何か気に入らない事があれば僕に対して暴言や暴力を振るうようになった。次第に2人共過剰労働でうつ病になってしまい、僕は自殺を図り、警察が家に来るようになる。


 絵理は精神安定剤を飲んだりカウンセラーを受けても一向に直らなかったが、ある時「ゲシュタルト療法」に出会う。


 「ブラック企業からの解脱」:草太は過剰労働が嫌で転職を繰り返すが、どこの会社に行っても過酷な労働を強いられてしまう。そんな時産業カウンセラーから「それは草太さんがアダルトチルドレンの『責任を負う子供』だからである」と言われる。


 「毒親から如何に逃げるか」、また「何故毒親になったのか」、「自分に自信を持つためには」、「会社からどう逃れるか」、「DVはどうやめられるか」といったあらゆる悩みに対処するにはどうするかストーリーと共に読者も一緒になって自分を紐解いていく「体験型小説」。


【目次】
1 親からの解脱
2 父の根源と面白い先生 
3 二人は出会う 
4 生きてりゃ御の字 
5 テーブル 
6 彼は私が今迄見てきた人間の中で一番強いし面白い 
7 ゲシュタルトセラピー 
8 恨みからの解脱 
9 またやってしまった 
10 自信とは何か 
11 要らない人間関係は捨てる、たとえ肉親でも 
12 恋人へのワーク 
13 「毒親」の定義と「親になる事」に対する恐怖 
14 母の根源 
15 ブラック企業からの解脱 
16 あとがき

  ①この本を書くに至った経緯

  ②毒親、ブラック企業、DVって繋がっている問題

  ③Amazonレビュー者への「空いすの技法」

  ④執筆はやめたくない

  ⑤謝辞 
17 参考文献


------------------------------------


★過去に出版された吉田先生著の書籍も鬱病や悩み事の解決への大きな参考書となると思いますので、是非読んでみて欲しいと思います。

 

気楽に生きてこーよ!スカッと!

そんな生き方に変わりましょう!

地獄で生きてきたネガティブ人間の私がこうなれた書籍です^^

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。