公務員制度改革担当の仙谷国家戦略相は14日の衆院内閣委員会で、各省庁の次官ポストを廃止し、代わりに「事務系副大臣」の創設を検討すると表明した。

 「事務系副大臣」は政治任用ではなく官僚ポストとし、事務を統括し、国家公務員に労働基本権が付与された場合には労使交渉の政府側の窓口役となることを想定しているという。

 仙谷氏が一時主張していた「次官廃止」が国家公務員法等改正案に盛り込まれなかった点について、自民党の中川秀直氏が「『さすがだ』と思ったのに、なぜ断念したのか」とただしたのに答えた。

 しかし、平野官房長官は14日の記者会見で、「事務系副大臣」構想について、「政府の中で議論が進んでいると理解していない」と述べた。

日本語力、職員から 都が勉強会 “足元”強化(産経新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
春の味覚に舌鼓、タケノコ掘り挑戦 世田谷区(産経新聞)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
<阿久根市議会>市長不信任案を全会一致で否決(毎日新聞)
AD