鳩山由紀夫首相は6日朝、中国で麻薬密輸罪での死刑判決が確定した赤野光信死刑囚(65)の死刑が同日中にも執行される見通しになっていることについて、「司法制度の違いとはいえ、死刑の執行は日本から見れば残念なことだ。ただ、ある意味で、いかんともしがたいというところもある」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 千葉景子法相も同日午前の記者会見で「日本の制度と比較すると、かなり刑罰が重く、刑事手続きも日本ほどの適正な手続きが担保されているのかという意見がある」と疑問を呈した上で「中国の対応が日本の世論の反発を招くことにならないか懸念している」と語った。平野博文官房長官も会見で「(日本の)国民感情的にみて懸念がある」と指摘した。

【関連記事】
日本人死刑通告 極刑判決の妥当性に疑問
新たに日本人3人の死刑執行へ 中国政府が通告
社民・福島氏、中国に「覚醒剤で邦人の死刑、ちょっと待って」
日本政府、邦人の死刑執行通告に懸念表明
政治的配慮消える中国 日本人の死刑執行通告
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

都立高定時制で初の追加募集 思わぬ人気に枠拡大(産経新聞)
同居女の長男虐待死に懲役8年=「常習的虐待の一環」-旭川地裁(時事通信)
<二十歳の手紙>自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く(毎日新聞)
平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)
横路議長、車いすで登院 長期欠席避けたかった?(産経新聞)
AD