雨の日の財布

テーマ:
雨って好きですか?

私は曇りより好きです。
なぜかというと、ちょっと返答に困るのですが

曇り空より潔い感じがするからでしょうかね。

と訳の解らない会話をしている夢を見ました。


先週、クレジットカードを現金化した財布の中身がもう既に空になってしまっているのでさっきまた申し込みをしました。

今日は雨、止まないのかな?
AD
 神戸を代表する観光スポットの一つ、北野異人館街(神戸市中央区北野町)の山手八番館にある「サターンの椅子(いす)」が「座ると願いがかなう」と話題になり、連日、行列ができる人気となっている。休日には3時間待ちの日もあり、館は「人気が長続きしてほしい」と期待を寄せる。

 椅子は1階部屋の出入口をはさんで2脚ある。悪魔の彫刻が施されているが悪魔サタンとは関係なく、ローマ神話の豊穣(ほうじよう)の神「サトゥルヌス」の英語名「サターン」が名の由来。「座って願い事をすれば、『実り』かなう」と言われ、約20年前からひっそりと置かれてきた。

 地味な椅子が一躍脚光を浴びたのが、5月のテレビ番組。訪れた女性の願いがかなった-との放送後、客が殺到するようになった。9割が女性という。埼玉県三郷市から娘と一緒に来た加藤光子さん(54)は「何を願ったかは秘密」と目をつむり、真剣な表情で願いをかけていた。

宮崎の主力級種牛5頭、口蹄疫感染シロ(読売新聞)
高齢者や障害者に1万1千円分の福祉商品券―長野県佐久穂町(医療介護CBニュース)
政治とカネ「逆風収まらず」民主地方は今も反発(読売新聞)
陛下が微熱、視察をお取りやめ(産経新聞)
<不審火>名古屋市昭和区で連続5件 ごみなどが燃える(毎日新聞)
 東京都議会民主党は25日、18歳未満として描かれたキャラクターの性的行為を含む漫画やアニメ作品について18歳未満への販売を規制する「東京都青少年健全育成条例改正案」に反対する方針を決めた。6月の定例会で都側に改正案取り下げを求めるが、都側が応じる可能性は低いため、規制を限定的にした独自の修正案提出も検討する。

 改正案は都が3月の定例会で提案したが、漫画家らを中心に「表現の自由を侵す」と反対論が出て、継続審議になっていた。民主は会派内にプロジェクトチームを設置。出版業界との意見交換や書店の視察をした結果、改正案を疑問視する声が強まっていた。

 独自の修正案は、「あいまい」と批判される規制対象を厳格化するなど、大幅に改変する。都側が改正案を撤回しない場合、他会派にも賛同を求める考えだ。定数127の都議会で、最大会派の民主は53議席。改正案に反対の共産(8議席)、生活者ネット(3議席)が加われば過半数を得られる。

 改正案を巡っては今月、提案者の石原慎太郎知事自らが「役人が文章を作るとこういうばかなものになっちゃう」と条文の分かりにくさを批判。議会が表現を修正することは容認したものの、「規制は必要」との立場は変えていない。

 都の改正案は、漫画やアニメで18歳未満として描かれたキャラクターを「非実在青少年」と定義。非実在青少年がかかわる性交などを過度に描いた作品について、18歳未満への販売自主規制を求める。このうち強姦(ごうかん)など反社会的な性的行為を描いたものは18歳未満への販売を禁止する。【石川隆宣、真野森作】

【関連ニュース】
<特集>都青少年健全育成条例改正案:不明確な基準論議、表現の自由どう守る
<賛否分析>都青少年健全育成条例:改正案 制限必要/恣意的恐れ 都議会で専門家賛否 /東京
<石原知事は>石原都知事:性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」
<関連記事>漫画家:「東京都の青少年改正案」に反対 創作活動を萎縮
<関連記事>都青少年健全育成条例:改正論議、再スタート 性暴力漫画規制で都議会委

<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
伊東美咲が妊娠6ヶ月を報告 心身ともに安定
自立更生促進センター 反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
ケータイ圏外だと「嫁も孫も来ない」 総務省が「地方の悩み」報告書(産経新聞)