みんなの党の渡辺喜美代表と新党改革の舛添要一代表は12日、民主党とのスタンスをめぐってさや当てを演じた。
 舛添氏がまずBS番組の収録で、「わたしは自分の敵のナンバーワンは小沢一郎民主党幹事長だと思っている。渡辺氏はそう思っていない、小沢氏と組める」と渡辺氏との違いを強調。その上で「だから、(みんなの党を)第二民主党だという論文を雑誌に書く人もいる」と挑発した。
 これに対し、渡辺氏は記者会見で「舛添氏の新党を第三自民党と言った反論かもしれないが、民主党とは相当違う」と反発しつつ、「舛添氏も(みんなの党が)覚悟の集団であることに学んでほしい」と余裕も見せた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

予備系統配管で高温警報=もんじゅ、安全に影響なし-保安院(時事通信)
「部隊千人」「訓練だけ」「何度も交渉」全部×(読売新聞)
ひこにゃん 商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
<詐欺>「コピー機故障」と偽り代金だまし取る 無職男逮捕(毎日新聞)
違法ダウンロード激増 音楽配信 伸び悩み 「着うた」売上高19%減(産経新聞)
AD