相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを解除する方法で、今年3月までの約2年半、運賃の一部を支払わないキセル乗車を繰り返していたことが16日、分かった。同社は車掌を同日付で懲戒解雇する。
 同社の説明によると、男性車掌は自宅のある都営地下鉄志村坂上-泉岳寺間の6カ月定期券を2007年10月から購入。継続する度に、複数の同僚に磁気定期券の入出場記録を不正に操作させ、入場記録がなくても定期券でそのまま下車できるようにしていた。 

【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
中国地震、救援進まず 死者617人 児童200人生き埋め(産経新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
AD