米ニューヨークの国連本部で5月3日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に参加する長崎原爆の被爆者らが30日午前、長崎市を出発した。

 渡米するのはNGO「地球市民集会ナガサキ」実行委員会と、長崎原爆被災者協議会の各代表団。被爆者は、地球市民側で長崎原爆遺族会顧問の下平作江さん(75)ら9人▽被災協側で会長の谷口稜曄(すみてる)さん(81)ら3人。「高校生平和大使」の林田光弘さん(18)=長崎北高3年=もメンバーに加わった。

 福岡空港に向かうバスターミナルで下平さんは「私たちと同じ苦しみを二度と味わわせないために被爆体験を伝え、核兵器廃絶の道筋をつけてきたい」と話した。一行はNPT再検討会議の傍聴や平和行進、高校での被爆講話などをする。【下原知広】

【関連ニュース】
広島市長:2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け
被爆マリア像:バチカンに到着 長崎大司教らが法王と会見
被爆マリア像:欧米で巡回展…長崎を出発
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに
共産党:志位氏が訪米へ 歴代委員長で初

与那国などへの自衛隊配備、来年度に本格検討(読売新聞)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
ラフティング 水しぶきに歓声…激流に春 札幌・豊平川(毎日新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
首相動静(5月1日)(時事通信)
AD