大阪府吹田市の万博公園で27日夜、大阪万博(1970年)のシンボル、太陽の塔の上部にある「黄金の顔」の目玉が、万博40周年を記念して久々に点灯された。

 今後、日没から午後11時まで毎晩続ける。

 点灯式では、懐かしい万博ソングの「世界の国からこんにちは」が流れる中、塔の壁面にレーザー光線で「1970大阪万博」などの文字が映し出され、打ち上げ花火が夜空を彩った。

 家族7人で訪れた同府大東市の会社員上霜勝治さん(31)は「魂が入って塔がよみがえった気がする。明るい気持ちになりますね」と話していた。

土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」-仙谷戦略相(時事通信)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
<名古屋市長>臨時議会を検討…議会改革に論点絞り(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
AD