鹿児島県の伊藤祐一郎知事は10日、隣接する宮崎県都城市の農家で口蹄(こうてい)疫の感染疑いが発生したことを受け、県境の一部道路を封鎖し、感染防止対策を徹底する検討に入ったことを明らかにした。同日午前の県口蹄疫対策本部会議終了後、記者団の質問に答えた。
 伊藤知事は、「物流の制限がどの程度可能か調べたい。普通の道路を通行止めにした上で、幹線(道路)だけ開けて、徹底的に検疫をする。そういう段階に来ているのではないか」と述べ、対応策の具体化を急ぐ考えを示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
宮崎・都城の牛3頭「陽性」=口蹄疫、国内有数の畜産地帯に波及-208頭、殺処分
宮崎・都城に飛び火か=牛に口蹄疫症状、殺処分
現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力

拉致被害者家族会 菅首相に北制裁強化による早期解決要請(毎日新聞)
「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明(時事通信)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足(時事通信)
呼吸器チューブに穴 女性患者殺害未遂で捜査(産経新聞)
AD