みんなの党の渡辺喜美代表は24日、名古屋市内で街頭演説し、河村たかし市長が支援団体とともに力を入れている市議会解散に向けた署名活動を全面的に支援すると述べた。

 渡辺代表は演説で「無駄遣いをなくすには収入を少なくすることが必要。市民税の減税は正しい」と河村市長の政策を評価。参院選愛知選挙区に立候補する公認候補の事務所を拠点に、リコールの署名集めを担当する受任者を募集するなど、市長を支援する意向を示した。さらに市議会が解散した際には、候補者を公募して市議選に擁立し、河村市政を支える考えも明らかにした。

 演説後、渡辺代表は報道陣に「市長の支援団体と話を進めており、勝手連として応援する」と述べた。

 毎日新聞が今月行った世論調査によると、みんなの党の支持率は8%で民主、自民に次ぐ第3党の座を固めつつある。【加藤潔】

【関連ニュース】
名古屋市議会:民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ
名古屋市議会:恒久減税案など 委員会で全会一致で否決
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」

寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」(J-CASTニュース)
JR西労組側、OBの国交省政務官に献金(読売新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
AD