ハイチの国連平和維持活動(PKO)に参加した陸上自衛隊の国際救援隊1次要員の約20人が10日、成田空港に帰国した。1次要員は現在派遣中の2次要員と順次交代し、今月下旬までに約200人全員が帰国する。
 田中慎2等陸尉(33)が同空港で取材に応じ「言語の違いが壁だったが、自衛隊の存在を示せた」と話した。ハイチでは主要幹線道路周辺の整備が進み、治安面の不安はなかったという。
 1次要員は中央即応連隊(宇都宮市)を中心に編成。先月8日以降に現地入りし、国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)の要請で国連管理用地の整地や美術館周辺のがれき除去などを行った。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相
医療チーム第1陣の医師ら帰国=ハイチ地震
陸自PKOが作業開始=ハイチ復興支援

改正過疎法が成立=支援事業を拡充(時事通信)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で-艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?(産経新聞)
宇高航路廃止を撤回 四国フェリー「経営めど立つ」(産経新聞)
AD